Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

皮膚細菌感染症の概要

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2013年 5月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

皮膚細菌感染症は,単純性の場合と複雑性の場合がある。合併症のない単純性感染症は,通常は抗菌薬の全身投与と局所の創傷ケアで速やかに反応が得られる。皮膚感染症は,以下の5つの基準のうち2つを満たす場合に複雑性とみなされる:

  • 皮膚の既存の創傷または潰瘍を侵している

  • より深部の軟部組織を侵している

  • 外科的介入を必要とする

  • 併存する基礎疾患の状態(例,糖尿病,全身性の免疫抑制)により引き起こされる,または増悪する

  • 通常の抗菌薬療法に反応しない,または再発である

単純性皮膚感染症であっても,複雑性となる可能性が常にある。複雑性皮膚・軟部組織感染症については,特に多くの菌株が耐性を獲得しており,比較的強力な抗菌薬の効力が急速に失われていることを踏まえて,多剤併用療法や他科へのコンサルテーション(例,外科医,感染症専門医)が必要となる場合がある。皮膚感染症が繰り返し生じる場合は,定着(例,ブドウ球菌の鼻腔内保菌者),耐性株(例,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌[Staphylococcus aureus][MRSA]),悪性腫瘍,コントロール不良の糖尿病,または易感染性を来す他の条件(例,HIV,肝炎,高齢,先天的な易感染性)を疑うべきである。細菌はざ瘡の病態生理にも関与するが,ざ瘡は基本的に皮膚の細菌感染症とはみなされていない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP