Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

リンパ管炎

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2013年 5月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

リンパ節炎。)

リンパ管炎は,末梢のリンパ管に生じた急性細菌感染(通常はレンサ球菌)である。

まれな原因として,ブドウ球菌感染症,Pasteurella感染症,Erysipelothrix感染症,炭疽菌感染症,単純ヘルペスウイルス感染症,鼠径リンパ肉芽腫,リケッチア感染症,スポロトリクム症,Nocardia感染症,リーシュマニア症,野兎病,Burkholderia感染症,非定型抗酸菌感染症などがある。病原体は擦過傷,創傷,または既存の感染巣(通常は蜂窩織炎)からリンパ管に侵入する。基礎にリンパ浮腫がある患者では特にリスクが高い。熱感および圧痛を伴う不規則な赤色線条が四肢に出現し,それらが末梢にある病変から所属リンパ節に向かって近位側へ拡大する結果,典型的には所属リンパ節が腫大して圧痛が生じる。全身症状(例,発熱,悪寒戦慄,頻脈,頭痛)を生じることもあり,皮膚所見から予想されるより重症となることもある。白血球増多がよくみられる。菌血症を生じることもある。まれに,感染したリンパ管に沿って,化膿,壊死,および潰瘍を伴った蜂窩織炎が出現することもある。

診断は臨床的に行う。原因菌の分離は通常不要である。大半の症例では,レンサ球菌に有効な抗菌薬で速やかに反応が得られる( 蜂窩織炎)。治療に対する反応がみられないか,臨床像が通常とは異なる場合は,まれな病原体を考慮すべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP