Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

皮膚以外の疾患の皮膚症状

執筆者:

Elizabeth H. Page

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2019年 2月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

皮膚はしばしば,背景にある内科疾患の徴候として機能する。典型的には,皮膚病変の種類は特異的な疾患や疾患の病型と関連する。

内臓の悪性腫瘍

黒色表皮腫は癌と関連し,発症が急激で,とりわけ広範に拡大することがある。後天性魚鱗癬や明らかな皮膚炎を欠いたそう痒は,潜在がん(多くはリンパ腫)を示唆している場合がある。

腫瘍随伴性天疱瘡は,比較的まれな自己免疫性水疱症であり,白血病など様々な腫瘍との関連が報告されている。

匍行性迂回状紅斑はまれな発疹で,木目に似た同心円状に分布する紅斑性病変で構成され,様々な悪性腫瘍との関連が報告されている。

内分泌障害

多くの皮膚所見に内分泌障害との関連がみられるが,いずれも特異的ではない。

糖尿病患者は黒色表皮腫,リポイド類壊死症,穿孔性皮膚症,浮腫性硬化症を有していることがある。

消化器疾患

消化器疾患の合併頻度が高い皮膚疾患としては以下のものがある:

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP