Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

皮膚以外の疾患の皮膚症状

執筆者:

Elizabeth H. Page

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2016年 6月
本ページのリソース

皮膚科患者の評価も参照のこと。)

皮膚はしばしば,背景にある内科疾患の徴候として機能する。典型的には,皮膚病変の種類は特異的な疾患や疾患の病型と関連する。

内臓の悪性腫瘍

40歳以上の 皮膚筋炎患者は,乳癌,肺癌,卵巣癌,および消化管癌のリスクが高い。

多発性の脂漏性角化症 の急性発症(Leser-Trélat徴候)は,背景にある内臓の悪性腫瘍(特に腺癌)の存在を示唆している場合がある。ただし,脂漏性角化症は健康成人における有病率が高いため,この徴候は過剰診断につながることがある。

急性熱性好中球性皮膚症 (スウィート症候群)は,ときに造血器悪性腫瘍を合併する。

黒色表皮腫は癌と関連し,発症が急激で,とりわけ広範に拡大することがある。後天性魚鱗癬や明らかな皮膚炎を欠いたそう痒は,潜在がん(多くはリンパ腫)を示唆している場合がある。

腫瘍随伴性天疱瘡は,比較的まれな自己免疫性水疱症であり,白血病など様々な腫瘍との関連が報告されている。

カルチノイド症候群 (頸部の紅潮および紅斑)は,カルチノイド腫瘍と関連する。

匍行性迂回状紅斑はまれな発疹で,木目に似た同心円状に分布する紅斑性病変で構成され,様々な悪性腫瘍との関連が報告されている。

内分泌障害

多くの皮膚所見に内分泌障害との関連がみられるが,いずれも特異的ではない。

糖尿病患者は黒色表皮腫,リポイド類壊死症,穿孔性皮膚症,浮腫性硬化症を有していることがある。

甲状腺機能低下症であれ,甲状腺機能亢進症であれ,甲状腺疾患では毛髪,爪,皮膚に影響が出ることがある。

クッシング症候群は,皮膚伸展線条,満月様顔貌,および皮膚の脆弱化を引き起こす。

アジソン病は,皮膚溝および外傷部位で色素沈着が目立つことを特徴とする。

消化器疾患

消化器疾患の合併頻度が高い皮膚疾患としては以下のものがある:

  • 壊疽性膿皮症:炎症性腸疾患

  • 糖尿病患者におけるびまん性色素沈着(青銅色糖尿病[bronze diabetes]として知られる):ヘモクロマトーシス

  • 結節性紅斑:炎症性腸疾患,サルコイドーシス,様々な感染症

  • 発疹性黄色腫:血清トリグリセリド濃度の上昇

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP