Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

股部白癬

(いんきんたむし)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2015年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

股部白癬は,鼠径部の皮膚糸状菌感染症である。

股部白癬は,一般的にはTrichophyton rubrumまたはT. mentagrophytesによって引き起こされる皮膚糸状菌症である。主な危険因子は,湿潤環境(すなわち,暖かい気候,湿った衣服,密着した衣服,肥満のため皮膚の間擦部が持続的に密着している状態)に関わるものである。男性は,陰嚢と大腿部が密着しやすいため,女性よりも罹患しやすい。

典型的には,そう痒を伴う環状病変が大腿の付け根から連続的に大腿上内側へ拡大していく。感染は両側性に生じることもある。浸軟,汗疹,二次性の細菌またはカンジダ感染症,治療に対する反応などにより,病変が複雑化することがある。さらに,掻破による皮膚炎や苔癬化が生じることもある。感受性の高い患者や爪真菌症 または足白癬(皮膚糸状菌の供給源となりうる)のある患者では,真菌が繰り返し感染を起こすことがあるため,再発がよくみられる。夏季に増悪が多くなる。

診断

  • 臨床的評価

  • ときにKOH直接鏡検

股部白癬の鑑別診断としては以下のものがある:

陰嚢が侵されることは通常なく,侵されても軽度であり,対照的にカンジダ性間擦疹または慢性単純性苔癬では,しばしば陰嚢に炎症が生じる。外観から診断することができない場合は,KOH直接鏡検が診断の助けになる。

治療

  • 抗真菌薬クリーム,ローション,またはゲルの外用

抗真菌薬の選択肢としては,テルビナフィン,ミコナゾール,クロトリマゾール,ケトコナゾール,エコナゾール,naftifine,シクロピロクス(まれ)などがあり,1日2回,10~14日間にわたり塗布する。

難治性の患者,炎症がみられる患者,および感染が広範囲に及ぶ患者では,イトラコナゾール200mg,経口,1日1回またはテルビナフィン250mg,経口,1日1回の投与を3~6週間行うことが必要になる場合もある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP