Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

貨幣状湿疹

(discoid dermatitis)

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

貨幣状湿疹は,貨幣状または円板状の湿疹性病変を特徴とする皮膚の炎症である。診断は臨床的に行う。治療法としては,コルチコステロイドの外用や紫外線療法などがある。

皮膚炎の定義および手足皮膚炎も参照のこと。)

貨幣状湿疹は中年以上の患者に好発し,しばしば乾燥皮膚に合併する(特に冬季)。白癬疹(id反応)が貨幣状湿疹として現れることもある。原因は不明である。

症状と徴候

円板状の病変は,しばしば複数の小水疱と丘疹が融合した大きな斑として出現し,続いて血清が滲出して痂皮が形成される。その後は乾燥して鱗屑がみられるようになり,苔癬化するほか,ときに環状の病変となる(中心治癒傾向)。しばしば病変に強いそう痒を伴う。病変の数は1個から約50個に及び,直径は2~10cmであることが多い。病変は体幹にも出現するが,四肢伸側と殿部の方が顕著となることが多い。増悪と軽快を示すことがあり,その場合,新たな病変は治癒した部位に再び出現する傾向がある。

診断

  • 臨床的評価

診断は皮膚病変の特徴的な外観および分布に基づく。感染を除外するために細菌および真菌の検査を行ってもよい。

治療

  • 支持療法

  • 抗菌薬

  • コルチコステロイド(外用が最も多いが,ときに病変内注射または内服)

  • 紫外線療法

普遍的に有効性を示す治療法はない。滲出性で膿がみられる場合は,水道水による湿布を用いるとともに,抗菌薬を経口で投与してもよい(例,ジクロキサシリンまたはセファレキシン250mg,1日4回)。中程度から高力価のコルチコステロイドのクリームまたは軟膏を1日3回擦り込むべきである。就寝時には,ポリエチレンフィルムの下にコルチコステロイドクリームを塗布する閉鎖性ドレッシングを施すか,フルランドレノリド含有テープを貼付してもよい。治療に反応を示さないまれな病変には,コルチコステロイドの病変内注射が有益となりうる。

病変が広範に及ぶ症例,治療抵抗例,および再発例では,紫外線B波の照射単独かソラレンの内服と紫外線A波照射の併用療法(PUVA療法)が有用となりうる。ときに,コルチコステロイドの内服が必要になることもあるが,長期使用は避けるべきである;開始量としてはプレドニゾン40mgの隔日投与が妥当である。難治例に対するコルチコステロイド以外の選択肢としては,シクロスポリンやメトトレキサートなどがある。

要点

  • 貨幣状湿疹の病因は不明であるが,この疾患は中年以降の患者で多くみられる。

  • そう痒を伴う円板状の病変が小水疱と丘疹の融合した複数の大きな斑として出現し,続いてそれらが乾燥して苔癬化する。

  • 診断は臨床的に行う。

  • 治療には,そう痒に対する支持療法(例,コルチコステロイドのクリーム),感染に対する抗菌薬投与,広範,治療抵抗性,および再発性の病変に対する紫外線療法がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP