Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

発汗障害に関する序論

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類がある。

アポクリン腺は腋窩,乳輪,性器部,および肛門部に集簇するほか,修飾されたアポクリン腺が外耳道にみられる。アポクリン腺は思春期に活性化し,その分泌物は脂ぎって粘稠度が高く,嗅覚を介した性的アピールとしての役割をもつと考えられている。最も一般的なアポクリン腺の障害は以下のものである:

化膿性汗腺炎でもアポクリン腺が侵されるが,これについては,本マニュアルの別の箇所で考察されている。

エクリン腺 は交感神経に支配されており,全身に分布し,出生時から活動する。その分泌物は水性で,高温環境や運動時に身体を冷却する働きを担っている。エクリン腺の障害としては以下のものがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP