Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

乏汗症

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

乏汗症は発汗が不十分な状態である。

発汗障害に関する序論も参照のこと。)

皮膚の異常による乏汗症が臨床的に問題となることはまれである。乏汗症の大半は局所性であり,局所的な皮膚損傷(例,外傷,放射線照射,感染症[例,ハンセン病],炎症による)または結合組織疾患(例,全身性強皮症全身性エリテマトーデスシェーグレン症候群)による汗腺の萎縮が原因である。

乏汗症は薬剤性のこともあり,特に抗コリン作用のある薬剤でよくみられる。また,糖尿病性神経障害や種々の先天性症候群でも生じる。熱中症でも発汗が不十分になるが,これは皮膚疾患ではなく,中枢神経系の疾患である。

診断は発汗の減少を臨床的に観察するか,暑さへの耐性低下を確認することによる。治療は冷却による(例,空調,濡らした衣類)。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP