Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

爪疾患の概要

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

爪には,変形感染症爪囲炎陥入爪など,様々な疾患が生じる。爪の変化は,多くの全身性疾患および遺伝性症候群で生じ,また外傷により生じることがある。

爪の感染症の大半は真菌によるもの(爪真菌症)であるが,細菌またはウイルス感染症も起こりうる(例,緑色爪症候群Pseudomonas],ヘルペス性ひょう疽[単純ヘルペスウイルス1型])。さらに角化型疥癬などの寄生虫感染症でも,爪甲の変化を来すことがある。爪囲炎は実際には爪の感染症ではなく,爪周囲組織の感染症である。

尋常性疣贅 は,パピローマウイルスの感染によって引き起こされるが,しばしば後爪郭に,ときに爪下部にも生じる。この感染症は,爪噛み(onychophagia)が病巣の拡大につながる可能性がある。上記の部位に生じた疣贅は特に治療困難である。

高齢者と糖尿病または末梢血管疾患の患者では,足の爪に特別な注意を払う必要があり,局所的な組織崩壊と二次感染を回避する上では,足専門医(podiatrist)がその手助けを行うことができる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP