Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

ジアルジア症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)は,鞭毛を有する原虫であるランブル鞭毛虫(Giardia duodenalisG. lambliaG. intestinalis])による感染症である。感染症は無症状のこともあれば,間欠性の鼓腸から慢性吸収不良までの様々な症状を引き起こすこともある。診断は新鮮便もしくは十二指腸内容物からの原虫の同定,または便中のジアルジア(Giardia)抗原検査による。治療はメトロニダゾール,チニダゾール,もしくはニタゾキサニド,または妊娠中にはパロモマイシンによる。

ジアルジア(Giardia)の栄養型は,十二指腸および近位空腸の粘膜に強固に付着し,二分裂によって増殖する。一部は環境抵抗性のシストに変態し,糞口経路で広がる。

ジアルジア症は米国で最もよくみられる腸管寄生虫感染症である。水系伝播が主な感染源である(1)。汚染された食品の摂取やヒトとヒトの直接接触を介しても伝播し,特に精神障害者施設または託児所内部での伝播や,セックスパートナー間での伝播が多い。

ジアルジア(Giardia)のシストは水面でも依然として生存力を有し,通常濃度の塩素処理に抵抗性を示す。野生動物も病原体保有生物となりうる。そのため,山間部の渓流や,塩素処理済みであるが濾過不十分な都市部の上水道が水系伝播に関与している。

ランブル鞭毛虫(G. duodenalis)には8つの遺伝子型(assemblage)がある。そのうち2つはヒトと動物の両方に感染し,その他は動物にのみ感染する。臨床像は遺伝子型により異なるようである。

総論の参考文献

  • 1.Schnell K, Collier S, Derado G, et al: Giardiasis in the United States - an epidemiologic and geospatial analysis of county-level drinking water and sanitation data, 1993-2010. J Water Health 14(2):267–279, 2016. doi: 10.2166/wh.2015.283.

症状と徴候

ジアルジア症の症例のほとんどは無症状である。しかしながら,無症状の感染者が感染性シストを排出することがある。

急性ジアルジア症の症状は,通常は感染後1~14日(平均7日)で出現する。症状は通常軽度で,悪臭を伴う水様性下痢,腹部の痙攣および膨隆,鼓腸,おくび,間欠性の悪心,心窩部不快感,ならびにときとして軽度の倦怠感および食欲不振などがある。急性ジアルジア症は通常1~3週間持続する。重症例では,脂肪および糖の吸収不良のために有意な体重減少を来すことがある。便には血液も白血球も認められない。

感染患者の一部は,悪臭を放つ便,腹部膨隆,悪臭のある放屁を伴う慢性下痢を来す。かなりの体重減少が起こりうる。慢性ジアルジア症は,ときに小児の発育不良の原因となる。

診断

  • 便中の抗原に対する酵素免疫測定

  • 便の鏡検

酵素免疫測定法による便中の寄生虫抗原検出は鏡検よりも感度が高い。便中の特徴的な栄養型またはシストは診断に有用であるが,慢性感染症では原虫の排泄が少なく間欠的である。したがって,鏡検で診断するには便検査の反復が必要になる場合がある。

上部腸管の内容物を採取すれば栄養型が得られるが,必要になることはめったにない。

特異的DNAプローブが存在する。検査はCDCで実施できるほか,基準となる検査施設でますます利用しやすくなると考えられる。

治療

  • チニダゾール,メトロニダゾール,またはニタゾキサニド

症状がみられる感染者には,メトロニダゾール,チニダゾール,またはニタゾキサニドを使用することがある。

メトロニダゾールの用法・用量は以下の通りである:

  • 成人:250mg,経口,1日3回,5~7日間

  • 小児:5mg/kg,経口,1日3回,5~7日間

チニダゾールにはメトロニダゾールと同等の効果があり,用法・用量は以下の通りである:

  • 成人:2g,経口,単回投与

  • 小児:50mg/kg(最大2g),経口,単回投与

メトロニダゾールの有害作用としては,悪心や頭痛などがある。メトロニダゾールとチニダゾールは妊婦に投与してはならない。これらの薬剤にはジスルフィラム様作用があるため,飲酒を控える必要がある。消化管への有害作用の点で,チニダゾールは一般にメトロニダゾールより忍容性が良好である。

ニタゾキサニドは以下の用量で,3日間経口投与する:

  • 1~3歳:100mg,1日2回

  • 4~11歳:200mg,1日2回

  • 12歳以上(成人を含む):500mg,1日2回

ニタゾキサニドは小児用の液剤が市販されている。耐性が報告されている。

メトロニダゾールとチニダゾールは妊婦に投与してはならない。妊娠中のニタゾキサニドの安全性は評価されていない。症状のために治療を遅らせることができない場合は,非吸収性のアミノグリコシド系薬剤であるパロモマイシン(8~11mg/kg,経口,1日3回,5~10日間)が選択肢の1つとなる。

フラゾリドンとキナクリンは効果的であるが,毒性が生じる可能性があるため,現在はまれにしか使用されていない。

予防

予防には以下が必要である:

  • 適切な公共用水処理

  • 衛生的な調理

  • 糞口感染に対する適切な衛生対策

水は煮沸により除染できる。ジアルジア(Giardia)のシストは,通常濃度の塩素処理には抵抗性を示す。ヨウ素含有化合物を用いた消毒法の効果は様々であり,水の濁度および温度ならびに処理時間に左右される。一部の携帯用濾過装置は,汚染された水からジアルジア(Giardia)のシストを除去できるが,各種のフィルター装置の効力は十分に評価されていない。

無症状のシスト排出者の治療により,理論上感染拡大を抑えられるが,費用対効果が高いかどうかは明らかになっていない。

要点

  • ジアルジア症の主な感染源は水系伝播であり,新鮮に見える山の渓流および濾過不十分な都市の水道水を介して広まる。

  • ジアルジア(Giardia)のシストは通常濃度の塩素処理に抵抗性を示し,ヨウ素含有化合物による消毒の効果は一様ではない。

  • 酵素免疫測定法による便中の寄生虫抗原検出は,鏡検よりも感度が高いため,より望ましい。

  • 症状のある患者には,チニダゾール,メトロニダゾール,またはニタゾキサニドを使用する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP