Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

鞭虫症

(鞭虫感染症)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

鞭虫症は,Trichuris trichiuraによる感染症である。症状としては,腹痛と下痢のほか,多数寄生では貧血や低栄養などがみられる。診断は便中の虫卵を検出することによる。治療はメベンダゾール,アルベンダゾール,またはイベルメクチンによる。

寄生虫感染症へのアプローチも参照のこと。)

鞭虫症は3番目に多い線虫感染症である。世界で6億400万人から7億9500万人が感染していると推定される。Trichuris trichiuraは主に,人糞が肥料として使用されているか,ヒトが土壌に排便する習慣のある熱帯または亜熱帯の開発途上地域で発生するが,米国南部でも感染が発生している。小児の罹患が最も多い。

感染経路は糞口感染である。摂取された虫卵が孵化し,幼虫が小腸の陰窩に侵入する。1~3カ月かけて成熟した後,成虫は盲腸および上行結腸に移行し,そこで表層上皮に付着し,交接し,産卵する。

成虫は1~2年生存すると推定されるが,さらに長く生存する場合もある。

症状と徴候

鞭虫(Trichuris)の少数寄生は,しばしば無症状である。

多数寄生の患者では,腹痛,食欲不振,および下痢がみられることがあり,結果として体重減少,貧血,直腸脱が生じることもあり,これらの症状は特に小児でよくみられる。

診断

  • 便の鏡検

鞭虫症の診断は便の鏡検により行う;両端に明瞭な蓋を有するレモン形の特徴的な虫卵が容易に発見される。他の適応で肛門鏡,直腸鏡,または大腸内視鏡検査が施行された際に,小刻みに動く成虫が腸管内腔に脱出しているのが発見されることがある。

血算により貧血の有無を確認する。

治療

  • メベンダゾール,アルベンダゾール,またはイベルメクチン

メベンダゾール100mg,経口,1日2回,3日間の投与が推奨されている。集団治療プログラムでは,メベンダゾール500mgの単回投与が使用されている。代替法として,アルベンダゾール400mg,経口,1日1回,3日間またはイベルメクチン200μg/kg,経口,1日1回,3日間の投与を行うこともある。これらの薬剤は通常,妊娠中に使用すべきではない。

イベルメクチンによる治療が予定されている場合,ロア糸状虫の流行地である中央アフリカに行ったことのある患者ではロア糸状虫(Loa loa)への同時感染がないか評価すべきである;イベルメクチンは,ロア糸状虫(Loa loa)感染症の患者に重度の反応を引き起こす恐れがあるためである。

公衆衛生の改善,手洗い,および個人衛生の改善により鞭虫症の予防が可能である。

要点

  • 鞭虫症は主に,人糞が肥料として使用されているか,ヒトが土壌に排便する習慣のある熱帯または亜熱帯の開発途上地域で発生するが,米国南部でも主に小児への感染が発生している。

  • 感染経路は糞口感染である。

  • 少数寄生の場合は無症状のことが多いが,多数寄生では腹痛,食欲不振,下痢のほか,小児では体重減少,貧血,および直腸脱が生じることがある。

  • 鞭虫症の診断では,便検体を検査して両端に明瞭な蓋を有するレモン形の特徴的な虫卵を同定する。

  • メベンダゾールにより治療する(推奨);アルベンダゾールおよびイベルメクチンは代替薬である。

  • イベルメクチンによる治療が予定されている場合,ロア糸状虫(Loa loa)の流行地である中央アフリカに行ったことのある患者では,ロア糸状虫(Loa loa)への同時感染がないか評価すべきであり,これは,イベルメクチンにはロア糸状虫症の患者に重度の反応を引き起こす可能性があるためである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP