Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

鉤虫感染症

(鉤虫症)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

鉤虫症は,ズビニ鉤虫(Ancylostoma duodenale)またはアメリカ鉤虫(Necator americanus)による感染症である。感染初期の症状としては,幼虫侵入部位の発疹のほか,ときに腹痛やその他の消化管症状などがある。その後,慢性失血により鉄欠乏症が発生することがある。鉤虫は流行地域における鉄欠乏性貧血の主要原因である。診断は便中の虫卵を検出することによる。治療はアルベンダゾールまたはメベンダゾールによる。

寄生虫感染症へのアプローチも参照のこと。)

鉤虫感染症の推定有病者数は約5億7600万人から7億4000万人で,大部分は開発途上地域の住人である。アフリカ,アジア,およびアメリカ大陸では,ズビニ鉤虫(A. duodenale)およびアメリカ鉤虫(N. americanus)の両方がみられる。中東,北アフリカおよび南欧では,ズビニ鉤虫(A. duodenale)のみがみられる。アメリカ鉤虫(N. americanus)はアメリカ大陸およびオーストラリアで優勢である;かつては米国南部に広く分布していたことがあり,カリブ諸島および中南米では今も流行している。

病態生理

両鉤虫種は同様の生活環を有する。便中に排出された虫卵は(柔らかい土壌の暖かく湿った場所に落ちた場合)1~2日で孵化してラブジチス型幼虫を放出し,5~10日で一度脱皮して細長いフィラリア型幼虫となる。幼虫は環境条件が好ましければ3~4週間生存する。フィラリア型幼虫は,汚染された土壌との直接接触(例,裸足で歩くなど)により,ヒトの皮膚から体内に侵入する。

幼虫は,血管から肺に到達して肺胞を通過し,気管支を上行して喉頭蓋に達した後に嚥下される。飲み込まれた幼虫は小腸内で成虫に発育し,そこで腸壁に吸着して吸血する。成虫は2年以上生存することがある。

慢性的な失血から鉄欠乏性貧血を来す。貧血が発生するかどうかは,感染虫体数および食事中の吸収可能な鉄の含量により異なる。

人獣共通感染症としての鉤虫感染症

人獣共通感染症としての鉤虫感染症としては以下のものがある:

ブラジル鉤虫(A. braziliense)とイヌ鉤虫(A. caninum)は,ネコおよびイヌを一次宿主とする鉤虫である。これらの鉤虫は,ヒトの体内では生活環を完了できない。幼虫がヒトの皮膚に侵入した場合には,幼虫は通常腸管に移行せずに皮膚内を動き回り,皮膚幼虫移行症を引き起こす。

まれに,イヌ鉤虫(A. caninum)の幼虫は腸管に移行し,そこで好酸球性腸炎を引き起こすことがある。しかし,重大な失血および貧血を引き起こすことはないほか,完全な成虫にまでは発育しないため産卵はしない(そのため診断は困難である)。こうした腸管感染症は無症状のこともあれば,急性腹痛および好酸球増多を引き起こすこともある。

症状と徴候

鉤虫感染症はしばしば無症状である。しかしながら,幼虫の侵入部位(通常は足)にそう痒を伴う水疱性丘疹(肥まけ)が出現することがある。多数の幼虫が肺内を移行すると,レフレル症候群が発生することがあり,咳嗽,喘鳴,好酸球増多のほか,ときに喀血がみられる。急性期には,腸管内成虫が心窩部の仙痛,食欲不振,鼓腸,下痢,および体重減少を引き起こすことがある。

慢性の多数寄生は鉄欠乏性貧血を引き起こし,蒼白,呼吸困難,脱力,頻脈,倦怠感,および末梢浮腫を来すことがある。軽度の好酸球増多がしばしばみられる。慢性失血は,小児では重症貧血,心不全,および全身浮腫に至り,妊婦では胎児の発育遅滞を招くことがある。

皮膚幼虫移行症は,動物の鉤虫がヒトに寄生したときに起こる。幼虫が皮下を移動することに起因し,赤く痒みを伴う蛇行状の皮膚病変を特徴とする。

診断

  • 便の鏡検

ズビニ鉤虫(A. duodenale)およびアメリカ鉤虫(N. americanus)は,新鮮便で容易に検出される殻の薄い長円形の虫卵を産出する。少数寄生の場合,診断には濃縮法が必要である。便を冷蔵せずに数時間検査しないで放置すると虫卵が孵化して幼虫が放出され,糞線虫(Strongyloides stercoralis)の幼虫と混同されることがある。

栄養状態,貧血,および貯蔵鉄量を評価すべきである。

皮膚幼虫移行症の診断は臨床像に基づく。便中に虫卵はみられない。

治療

  • アルベンダゾール,メベンダゾール,またはパモ酸ピランテル

以下の薬剤のいずれかを使用する:

  • アルベンダゾール400mg,経口,単回投与

  • メベンダゾール100mg,経口,1日2回,3日間または500mgの単回投与

  • パモ酸ピランテル11mg/kg(最大1g),経口,1日1回,3日間

これらの薬剤を妊娠中に使用するのであれば,ベネフィットがリスクを上回る場合に限るべきである。イベルメクチンは効果的ではない。

多数寄生では,全身管理および鉄欠乏性貧血の改善が必要である。

皮膚幼虫移行症は自然治癒するが,症状は5~6週間続く可能性がある。アルベンダゾール400mg,経口,1日1回,3~7日間またはイベルメクチン200μg/kgの単回投与により治癒する。

予防

非衛生的な排便習慣を止め,皮膚と土壌の直接接触を避けること(例,靴を履く,地面に座る際に土壌との間に物理的な障壁を置く)が感染予防に効果的であるが,多くの流行地域では実施が困難である。高リスク地域では,感受性の高い集団に対して3~4カ月毎の定期的な集団治療が行われている。

皮膚幼虫移行症を発症するリスクは,以下の対策によって軽減できる:

  • 寄生虫がいる可能性のある砂浜やその他の土壌への皮膚の直接接触を避ける

  • ネコやイヌの鉤虫症を治療する

要点

  • 鉤虫の幼虫は,汚染された土壌との直接接触(例,裸足で歩くなど)により,ヒトの皮膚から体内に侵入する。

  • ヒトの体内で,ズビニ鉤虫(Ancylostoma duodenale)またはアメリカ鉤虫(Necator americanus)の幼虫は血流に乗って肺に到達し,肺胞を通過して喉頭蓋まで上行し,続いて嚥下された後に腸管内で発育する。

  • 感染は無症状のこともあるが,幼虫の侵入部位にそう痒を伴う発疹が現れることもあり,肺病変により咳嗽および喘鳴を来すこともある。

  • 腸管病変により鉄欠乏性貧血を来すことがある。

  • 便の鏡検により診断する。

  • アルベンダゾール,メベンダゾール,またはパモ酸ピランテルにより治療する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP