Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

アライグマ回虫症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

アライグマ回虫症は,アライグマの回虫であるアライグマ回虫(Baylisascaris procyonis)によるまれな感染症であり,ヒトに致死的な中枢神経系感染症を引き起こすことがある。

寄生虫感染症へのアプローチも参照のこと。)

感染は通常,アライグマの糞で汚染された土または物で遊んだ小児に発生する。ほとんどの症例が米国の中部大西洋岸,中西部,および北東部で発生している。ヒトにおけるアライグマ回虫症はまれであるが,大量のアライグマがヒトの近くに生息しており,アライグマにおけるアライグマ回虫(B. procyonis)への感染率は高いため懸念がある。

感染したアライグマは糞便中に数百万もの虫卵を毎日排泄する;虫卵は環境中で数年間生き残る。ヒトは感染力を有する虫卵を摂取することで感染する。

虫卵はヒトに摂取されると幼虫に孵化する。幼虫は多様な組織(肝臓,心臓,肺,脳,眼)を通って移動するため,トキソカラ症によるものに類似した内臓幼虫移行症や眼幼虫移行症がみられる。しかし,トキソカラ(Toxocara)の幼虫とは対照的に,アライグマ回虫(Baylisascaris)の幼虫は,中枢神経系で大きいサイズ (雌は最大24cm,雄は最大12cm)になるまで成長し続ける。中枢神経系に入った幼虫は炎症反応と好酸球性髄膜炎を引き起こし,組織を損傷し,肉芽腫の中で被包化される。

ヒトにおける神経疾患の重症度は以下に依存する:

  • 摂取した虫卵の数

  • 中枢神経系に移行した幼虫の数

アライグマ回虫(Baylisascaris)の幼虫は広範に移行する傾向があり,容易には死なないため,アライグマ回虫症による組織損傷と症状・徴候はしばしば重症となる。

診断

  • MRI

  • 抗体検査

好酸球性脳炎が突然発症した患者に,アライグマとの接触および/またはアライグマが排便する地域への接近があったと考えられる場合(例,その結果アライグマの糞または汚染された土壌を摂取してしまった可能性がある場合)は,アライグマ回虫(Baylisascaris)による脳炎を検討すべきである。

特徴的な所見には,髄液中の好酸球増多,末梢血中の好酸球増多,およびMRI上で白質深部(特に脳室周囲)にみられる異常などがある。

市販の血清学的検査がないためアライグマ回虫症の診断は困難であるが,強く疑われる場合は,CDCにて髄液または血清の抗体検査が利用可能である。

眼の診察時に幼虫が見つかることが診断の手がかりとなることもある。

治療

  • アルベンダゾール

感染が強く疑われる場合は,アルベンダゾール(25~50mg/kg,経口,1日1回,10~20日間)により直ちに治療することが効果的な場合がある。

要点

  • アライグマ回虫症はアライグマの感染症であり,ヒトではまれであるが,大量のアライグマがヒトの近くに生息していることに加え,アライグマにおけるアライグマ回虫(B. procyonis)への感染率は高いため懸念がある。

  • アライグマ回虫症は通常,アライグマの糞で汚染された土または物で遊んだ小児に発生する。

  • アライグマ回虫(Baylisascaris)の幼虫は広範に移行する傾向があり,容易には死なないため,アライグマ回虫症による組織損傷と臨床症状はしばしば重症となる。

  • 市販の血清学的検査がないため診断は困難であるが,強く疑われる場合は,CDCにて髄液または血清の抗体検査が利用可能である。

  • アライグマ回虫症が強く疑われる場合は,アルベンダゾールにより直ちに治療することが効果的な場合がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP