Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

コロナウイルスおよび急性呼吸器症候群(MERSおよびSARS)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2021年 9月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

コロナウイルスは,感冒から致死的な肺炎に至るまでの様々な重症度の呼吸器疾患を引き起こす,エンベロープを有するRNAウイルスである。

1930年代に家禽で初めて発見された多くのコロナウイルスは,動物で呼吸器,消化管,肝臓,および神経系の疾患を引き起こす。ヒトに疾患を引き起こすことが知られているのは7種類のみである。

Unable to find ViewModel builder for Vasont.Multimedia.

7種類のコロナウイルスのうち3種類は,他のコロナウイルスよりもはるかに重度で,ときに死に至る呼吸器感染症を引き起こし,21世紀になってから致死的な肺炎の大規模なアウトブレイクを引き起こしている。

重度の呼吸器感染症を引き起こすこれらのコロナウイルスは人獣共通感染の病原体であり,感染動物から始まり,動物からヒトに伝播する。SARS-CoV-2はヒト-ヒト感染において大きな感染力をもつ。

中東呼吸器症候群(MERS)

中東呼吸器症候群(MERS)は,MERSコロナウイルス(MERS-CoV)によって引き起こされる重症急性呼吸器疾患である。

MERS-CoV感染症は,2012年9月にサウジアラビアで最初に報告されたが,その後,2012年4月に発生していたヨルダンでのアウトブレイクが遡及的に確認された。2019年までに,全世界の27カ国から2500例近くのMERS-CoV感染症例(と少なくとも850例の関連する死亡例)が報告されているが,MERSは全ての症例にアラビア半島およびその周辺諸国への旅行または居住との関連が認められており,80%以上がサウジアラビアに関係するものである。アラビア半島以外で起きたMERSの最大のアウトブレイクは,2015年に韓国で発生したものである。このアウトブレイクにはアラビア半島から帰国した1人の旅行者が関係していた。欧州全域の国々とアジア,北アフリカ,中東,そして米国で症例が確認されており,それらの症例は治療を受けるために中東から移送された患者か中東から帰国後に発症した患者である。

血清抗体保有率の予備的調査から,この感染症がサウジアラビアの広範囲には及んでいないことが示されている。

世界保健機関(World Health Organization)は,ウムラ(小巡礼)やハッジ(大巡礼)のためにサウジアラビアを訪れる巡礼者がMERS-CoVに感染するリスクは非常に低いと考えている。中東への巡礼に関する詳細は,World-travel advice on MERS-CoV for pilgrimages を参照のこと。

MERS-CoVに感染した患者の年齢の中央値は56歳で,男女比はおよそ1.6:1である。高齢患者と糖尿病,慢性心不全,慢性腎疾患などの基礎疾患がある患者では,感染症がより重度化する傾向がある。

MERS-CoVの伝播

MERS-CoVは直接接触,呼吸器飛沫(5μm以上の粒子),またはエアロゾル(5μm未満の粒子)を介してヒトからヒトへ伝播する。MERS患者との濃厚接触が唯一のリスクであった個人に感染症が発生したことで,ヒトからヒトへの伝播が確認された。

MERS-CoVの病原巣はヒトコブラクダと考えられているが,ラクダからヒトへの伝播が起きる機序は不明である。報告症例のほとんどが医療機関で起きたヒトからヒトへの伝播に関連したものである。MERSが疑われる場合は,医療現場での感染伝播を防止するために速やかに感染制御対策を開始する必要がある。

MERSの症状と徴候

MERS-CoVの潜伏期間は約5日である。

報告されたほとんどの症例で入院を要する重症呼吸器疾患がみられ,致死率は約35%であったが,少なくとも21%の患者は軽症または無症状であった。発熱,悪寒,筋肉痛,および咳嗽がよくみられる。消化管症状(例,下痢,嘔吐,腹痛)が約3分の1の患者でみられる。ICU管理を要するほどの重症例もあるが,近年ではそのような症例の割合は急速に減少している。

MERSの診断

  • 上気道および下気道分泌物ならびに血清検体のRT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)検査

発熱を伴う原因不明の急性下気道感染症があり,発症前14日以内に以下のいずれかの経験がある患者では,MERSを疑うべきである:

  • MERSが最近報告された地域または伝播が起きている可能性がある地域への旅行または同地域での居住

  • MERSの伝播が起きている医療施設との接触

  • MERSが疑われていた患者との濃厚接触

MERSの疑いがある患者と濃厚接触した発熱がみられる患者でも,呼吸器症状の有無にかかわらず,MERSを疑うべきである。

米国疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)から最新の勧告が公開されている(MERS: Interim Guidance for Healthcare Professionals)。

検査には上気道および下気道分泌物のリアルタイムRT-PCR検査を含めるべきであり,理想的には異なる部位から異なる時点で採取された複数の検体を使用する。患者に加えて,医療従事者を含めた濃厚接触者全員(無症状の者も含む)から血清検体を採取すべきである(軽症または無症候性MERSの同定に役立てるため)。MERSが疑われた直後または曝露があった直後(急性期血清)と3~4週間後(回復期血清)に血清検体を採取する。検査は州の保健当局またはCenters for Disease Control and Preventionで実施される。

胸部画像検査により全ての患者で異常が検出されるが,その異常は軽微なこともあれば広範に及ぶこともあり,片側性のこともあれば両側性のこともある。一部の患者では,LDHおよびASTの高値や血小板数およびリンパ球数の減少がみられる。少数の患者では 急性腎障害 急性腎障害(AKI) 急性腎障害は,数日間から数週間で腎機能が急速に低下する病態であり,これにより,尿量減少の有無にかかわらず,血中に窒素化合物が蓄積する(高窒素血症)。原因は重度の外傷,疾患,または手術による腎臓の灌流低下である場合が多いが,ときに急速進行性の内因性の腎疾患に起因する場合もある。症状としては,食欲不振,悪心,嘔吐などがある。無治療の場合,痙攣... さらに読む がみられる。 播種性血管内凝固症候群 播種性血管内凝固症候群(DIC) 播種性血管内凝固症候群(DIC)は,循環血中のトロンビンおよびフィブリンの異常な過剰生成に関係する。その過程で血小板凝集および凝固因子消費が亢進する。緩徐に(数週間または数カ月かけて)進行するDICでは,主に静脈の血栓性および塞栓性の症状がみられる;急速に(数時間または数日で)進行するDICでは,主に出血が生じる。重度で急速進行性のDICは,血小板減少症,PTTおよびPTの延長,血漿Dダイマー(または血清フィブリン分解産物)濃度の上昇,... さらに読む と溶血が発生することもある。

MERSの治療

  • 対症療法

MERSの治療は対症療法である。疑い例からの伝播を防止するために,医療従事者は標準予防策と接触および空気感染予防策を講じるべきである。

ワクチンはない。

より詳細な情報

重症急性呼吸器症候群(SARS)

重症急性呼吸器症候群(SARS)は,SARSコロナウイルス(SARS-CoV)によって引き起こされる重症急性呼吸器疾患である。

SARSは他のコロナウイルス感染症よりはるかに重症の疾患である。SARSは,ときに進行性に重症化する呼吸機能不全を来すインフルエンザ様疾患である。

SARS-CoVは,2002年11月に中国の広東省で最初に検出され,その後30を超える国々に拡大した。このアウトブレイクでは,世界中で8000例以上の症例と774例の死亡が報告された(致死率は約10%であるが,年齢によるばらつきが大きく,24歳以下では1%未満,65歳以上では50%以上であった)。Centers for Disease Control and Preventionが特定地域への旅行中止を推奨したのは,このSARS-CoVのアウトブレイクが初めてであった。このアウトブレイクは鎮静化し,2004年以降新たな症例は同定されていない。直接の発生源はジャコウネコであると推定され,この動物は生きた動物を売買する市場で食材として販売されていたもので,ジャコウネコは商用として捕獲される前にコウモリとの接触を介して感染した可能性が高い。コウモリはしばしばコロナウイルスの宿主となる。

SARS-CoVは濃厚接触によってヒトからヒトへと伝播する。感染者が咳嗽やくしゃみをしたときに生じる呼吸器飛沫を介した伝播が最も起きやすいと考えられている。

SARSの診断は臨床的に行い,治療は支持療法による。2002年のアウトブレイクでは,迅速かつ厳格な感染制御の協力体制が迅速な制御の一助となった。

2004年以降新たな症例は報告されていないが,原因ウイルスが動物に病原巣をもち,そこから再び出現する可能性も想定されることから,SARSは根絶されたと考えるべきではない。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP