Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

A型肝炎ワクチン

執筆者:

William D. Surkis

, MD, Jefferson Medical College;


Jerome Santoro

, MD, Jefferson Medical College

最終査読/改訂年月 2014年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

詳細については,Hepatitis A ACIP Vaccine Recommendationsを参照のこと。

製剤

A型肝炎(HepA)ワクチンは,ホルマリンで不活化した細胞培養由来のA型肝炎ウイルスから調製される。2種類のA型肝炎ワクチンが存在し,それぞれに小児用製剤と成人用製剤がある。

A型肝炎ワクチンとB型肝炎ワクチンを混合したワクチン(Twinrix®)も利用できる。

適応

HepAワクチンは,ルーチンの小児予防接種の1つである( 0~6歳を対象期間とする推奨予防接種スケジュール)。

HepAワクチンは,以下のいずれかに該当する場合に適応となる:

  • ワクチン未接種者がA型肝炎予防を望んでいる

  • 流行地域への旅行または就労

  • 職業曝露(例,研究施設でA型肝炎ウイルス[HAV]に感染した霊長類またはHAV自体を取り扱う業務に従事する)

  • 男性間での性行為

  • メタンフェタミンなどの違法薬物の使用(注射またはそれ以外)

  • 凝固因子濃縮製剤による治療

  • 慢性肝疾患

  • 流行地域から養子として米国に迎えられた小児と入国後60日以内に密接な対人接触(例,家族または定期のベビーシッターとしての接種)が予想される

HepAとHepBの混合ワクチンは,18歳以上でA型肝炎またはB型肝炎ワクチンいずれかの適応があり,かつ以前にこれらの成分を含有するワクチンの接種を受けたことがない個人に使用することができる。

禁忌および注意事項

主な禁忌は次の通りである:

  • 以前の接種後に,またはワクチン成分に対して,重度のアレルギー反応(例,アナフィラキシー)を起こしたことがある

主な注意事項は次の通りである:

  • 発熱の有無にかかわらず,中等度または重度の疾患が認められる(その疾患が消失するまで接種を延期する)

用量および用法

用量は18歳以下では0.5mLの筋肉内接種,成人(19歳以上)では1mLの筋肉内接種である。

小児には,典型的には計2回の接種を行い,1回目は生後12~23カ月に,2回目は1回目の6~18カ月後に接種する。

成人には,6~18カ月の間隔を空けて計2回の接種を行う。

あるいは,成人にはHepA・HepB混合ワクチンを計3回のスケジュール(0カ月,1カ月,6カ月)で接種することもできる。1回目と2回目の接種の間は4週間以上の間隔を空けるべきであり,2回目と3回目の間は5カ月以上の間隔を空けるべきである。もしくは,4回接種のスケジュール(0日目,7日目,21日目,30日目)も選択可能であり,その場合は1回目の12カ月後に追加接種を行う。

流行地域の小児を養子に迎える計画を立てた際には,濃厚接触者となる個人は速やかに(理想的には小児が到着する2週間前までに)HepAワクチンの2回接種の1回目を受けるべきである。

有害作用

重篤な有害作用は報告されていない。

軽度の有害作用には,注射部位の疼痛,紅斑,腫脹,ときに硬結などがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP