Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

発疹熱

(Rat-Flea Typhus;Urban Typhus of Malaya)

執筆者:

William A. Petri, Jr

, MD, PhD, University of Virginia School of Medicine

医学的にレビューされた 2019年 2月
意見 同じトピックページ はこちら

発疹熱は,ノミによってヒトに伝播される発疹熱リケッチア(Rickettsia typhi)およびR. felisを原因菌とする疾患で,臨床的には発疹チフスに類似するが,より軽度で,悪寒,頭痛,発熱,および発疹を引き起こす。

発疹熱はリケッチア感染症である。

ネコ,野生のオポッサム,ネズミ,その他の齧歯類などが病原体保有生物である。ネズミノミとおそらくネコノミおよびオポッサムのノミが咬傷を介して病原体をヒトに伝播する。ノミもまた発疹熱リケッチア(R. typhi)の自然宿主である;感染した雌のノミは病原体を子孫へと伝播する。発生は散発的であるが世界的に分布しており,発生率は低いが,ネズミが蔓延している地域では高くなる。

症状と徴候

発疹熱患者は,6~18日(平均10日)の潜伏期の後,悪寒戦慄を伴う頭痛と発熱で発症する。発熱は約12日間続いた後,次第に解熱する。

発疹およびその他の症状は発疹チフスに類似するが,はるかに軽度である。初期の発疹はまばらで,境界鮮明である。

死亡率は低いが,高齢患者ではやや高くなる。

診断

治療

  • ドキシサイクリン

初期治療としては,ドキシサイクリン200mgを経口で単回投与した後,状態が改善して解熱した状態が48時間持続し,かつ投与期間が7日以上になるまで,100mgの1日2回投与を継続する。クロラムフェニコール500mg,経口または静注,1日4回,7日間が第2選択の治療である。経口クロラムフェニコールは米国では利用できず,その使用には血液指標のモニタリングが必要となる血液有害事象との関連が認められている。

予防

ネズミおよびネズミノミの個体数を減らすことで,発疹熱の発生率の低下が得られている。効果的なワクチンはない。

要点

  • 発疹熱はダニによりヒトへ伝播される。

  • 症状は悪寒戦慄,頭痛,および発熱で始まる;発疹およびその他の症状は発疹チフスに類似するが,はるかに軽度である。

  • 治療はドキシサイクリンによる。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP