Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

サル痘

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

医学的にレビューされた 2022年 8月
意見 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

サル痘は,天然痘ウイルスと構造的に近縁のオルソポックスウイルス(orthopoxvirus)であるサル痘ウイルスによって引き起こされる。患者は水疱性または膿疱性発疹で受診し,発疹は痛みを伴うことがあり,しばしば発熱,倦怠感,およびリンパ節腫脹を伴う。 診断はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による。治療は一般に対症療法であり,抗ウイルス薬を使用することもある。 予防はワクチン接種による。

サル痘は 天然痘 天然痘 天然痘は,オルソポックスウイルス属の一種である天然痘ウイルスによって引き起こされる,非常に感染力の強い疾患である。致死率は約30%である。自然感染は根絶されている。アウトブレイクに対する主な懸念はバイオテロによるものである。重度の全身症状と特徴的な膿疱が発生する。治療は一般に対症療法であり,抗ウイルス薬を使用することもある。予防にはワクチ... さらに読む 天然痘 と同じく,オルソポックスウイルス属に属する。サル痘には,西アフリカ型とコンゴ盆地型という,2つの系統群(clade)(共通の祖先に由来する類似した微生物群)が存在する。その名称に反して,非ヒト霊長類はサル痘ウイルスの保有宿主ではない。病原体保有生物は不明であるが,最も可能性が高い候補はアフリカ,なかでも特に西アフリカと中央アフリカの熱帯雨林地帯に生息する小型齧歯類(例,リス)である。

歴史的には,ヒト疾患の発生は主に散発例に限られ,ときに局地的流行が主にアフリカで起きる程度であった。これまでに最も症例報告が多いのは,コンゴ民主共和国である。2016年以降,確定症例がシエラレオネ,リベリア,中央アフリカ共和国,コンゴ共和国,およびナイジェリアでも報告されている。2000年以降にみられた劇的な発生率の上昇は,1980年に天然痘ワクチンの接種が中止されたことによるものと考えられ,天然痘ワクチンの接種を受けた個人では,たとえ25年以上前の接種であっても,サル痘のリスクが低下している。このウイルスを保有する動物の生息地を人間がますます侵害していることから,アフリカでのサル痘の症例数も増加している。

2021年までは,アフリカ以外で発生した症例はアフリカ西部および中央部への旅行や同地域から輸入された動物に直接関連するものであった。2003年に米国で著しいサル痘のアウトブレイクが発生したが,これは感染した齧歯類がアフリカからペットとして輸入され,そこからペットのプレーリードッグにウイルスが伝播し,その後アメリカ中西部の人々に感染が広まったことによる。このアウトブレイクは6つの州に及び,37例の確定症例と10例の推定症例が報告されたが,死亡例はなかった(1 参考文献 サル痘は,天然痘ウイルスと構造的に近縁のオルソポックスウイルス(orthopoxvirus)であるサル痘ウイルスによって引き起こされる。患者は水疱性または膿疱性発疹で受診し,発疹は痛みを伴うことがあり,しばしば発熱,倦怠感,およびリンパ節腫脹を伴う。 診断はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による。治療は一般に対症療法であり... さらに読む 参考文献 )。

2022年5月以降,本疾患が風土病となっていない約70の国において,サル痘の症例が報告されている.アフリカ以外での持続的なヒト-ヒト伝播が確認されている。世界保健機関(World Health Organization:WHO)は,2022年のサル痘のアウトブレイクを,国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と宣言した(WHO: Monkeypox Outbreak 2022を参照)。流行国以外での確定症例は,大半が欧州および北米でみられている(Centers for Disease Control and Prevention [CDC]: 2022 Monkeypox Outbreak Global Mapを参照)。2022年7月までに米国では3500例を超える症例が報告されている(CDC: 2022 US Map & Case Countを参照)。2022年の世界的なアウトブレイクに関連する症例は,これまでのところ全例が西アフリカ型である。症例は主に男性と性交する男性で報告されているが,サル痘と一致する発疹で受診した患者では,全例でサル痘を考慮すべきである(2 参考文献 サル痘は,天然痘ウイルスと構造的に近縁のオルソポックスウイルス(orthopoxvirus)であるサル痘ウイルスによって引き起こされる。患者は水疱性または膿疱性発疹で受診し,発疹は痛みを伴うことがあり,しばしば発熱,倦怠感,およびリンパ節腫脹を伴う。 診断はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による。治療は一般に対症療法であり... さらに読む 参考文献 , 3 参考文献 サル痘は,天然痘ウイルスと構造的に近縁のオルソポックスウイルス(orthopoxvirus)であるサル痘ウイルスによって引き起こされる。患者は水疱性または膿疱性発疹で受診し,発疹は痛みを伴うことがあり,しばしば発熱,倦怠感,およびリンパ節腫脹を伴う。 診断はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による。治療は一般に対症療法であり... さらに読む 参考文献 )。

動物からヒトへの伝播では,サル痘はおそらく,唾液または呼吸器飛沫や創傷滲出液との接触など,体液を介して伝播すると考えられる。これは,動物による咬傷や擦過傷を介して,あるいは感染動物の肉の調理や摂取を通じて起こる可能性がある。

ヒトからヒトへの感染は,長時間に及ぶ濃厚接触を通じて起こる。伝播の経路としては,長時間の対面または親密な身体的接触を介した呼吸器飛沫,感染性のある病変やその他の体液との直接接触,病変の痂皮または体液で汚染された衣類やリネン類といった媒介物との接触などがある.胎盤を介して母子感染が起きる可能性がある。精液または腟液を介して伝播が起きるうるかどうかは,現在のところ不明である.2022年のアウトブレイクでは,多くの症例が性的または親密な接触中に起きた伝播により発生したとみられるが,こうした伝播は感染性のある病変または気道分泌物との直接接触を介して起きる可能性が高い。

潜伏期間は1~2週間であるが,3週間に及ぶこともある.他者への感染性は,症状が出現してから全ての病変が痂皮化し,痂皮が剥がれて正常な皮膚が現れるまで持続する.これには典型的には2~4週間を要する。

参考文献

サル痘の症状と徴候

臨床的には,サル痘は天然痘に類似する。前駆症状としての発熱,頭痛,倦怠感に続いて発疹が出現するが,発疹は斑および丘疹から深在性の硬い水疱または膿疱へと進行し,それらは臍窩を形成して痂皮を作り,時間とともに脱落する。サル痘ではリンパ節腫脹がみられるが,天然痘ではみられない。

しかしながら,2022年の世界的なアウトブレイクでは非定型の臨床像が報告されており,そのために診断が遅れる可能性がある。2022年のアウトブレイクでは,発疹が性器,肛門周囲,または口腔領域から始まったとの報告がしばしばみられ,また発疹は必ずしも典型的な段階を追って播種を起こしたり進行したりするわけではない。病変部位の疼痛,具体的には直腸炎または口腔痛が主訴となることがある。全身性の前駆症状についても,軽度であったり,現れなかったり,発疹と同時に出現したりすることがある。皮膚および肺に細菌の二次感染が起こることがある。

サル痘を臨床所見から 天然痘 天然痘 天然痘は,オルソポックスウイルス属の一種である天然痘ウイルスによって引き起こされる,非常に感染力の強い疾患である。致死率は約30%である。自然感染は根絶されている。アウトブレイクに対する主な懸念はバイオテロによるものである。重度の全身症状と特徴的な膿疱が発生する。治療は一般に対症療法であり,抗ウイルス薬を使用することもある。予防にはワクチ... さらに読む 天然痘 やヘルペスウイルス感染症(水痘 水痘 水痘は,通常は小児期にみられる急性の全身感染症であり,水痘帯状疱疹ウイルス(ヒトヘルペスウイルス3型)によって引き起こされる。通常は軽度の全身症状から始まり,その後すぐに斑状疹,丘疹,小水疱,および痂皮を特徴とする皮膚病変が群発して現れる。重度の神経系またはその他の全身性合併症(例,肺炎)のリスクのある患者は,成人,新生児,および易感染性... さらに読む 水痘 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(ヒトヘルペスウイルス1型および2型)は一般的に,皮膚,口腔,口唇,眼,および性器を侵す反復性感染症を引き起こす。頻度の高い重症感染症としては,脳炎,髄膜炎,新生児ヘルペスなどがあり,易感染性患者では播種性感染症もある。皮膚粘膜感染症では,紅斑上に集簇する有痛性の小水疱が生じる。診断は臨床的に行う;培養,PCR検査,直... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 など)と鑑別するのは困難なことがある。さらに,HSVや他の 性感染症 性感染症の概要 性感染症(sexually transmitted diseas:STD)(sexually transmitted infection[STI]と呼ばれることもある)は,いくつかの微生物によって引き起こされ,それぞれの病原体は大きさ,生活環,引き起こす症状,治療法に対する感受性が大きく異なる。... さらに読む と診断されていても,サル痘の同時感染を除外することはできない。

サル痘

サル痘の診断

  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法

サル痘の診断は,それぞれの実施可能性に応じて培養,ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法,免疫組織化学法,電子顕微鏡法のいずれかによって下される。

皮膚病変(水疱蓋/膿疱上蓋もしくは水疱液/膿疱液および/または乾燥した痂皮)を検体とするPCR検査が至適な検査法である。血液PCRは,ウイルス血症の持続期間が短いため限界があり,推奨されない。米国では,PCR検査は公衆衛生研究所と民間研究施設を通じて利用可能である。

特徴的な病変(中心臍窩を伴う深在性の水疱または膿疱)がみられる患者だけでなく,臨床的に該当する病変と疫学的な危険因子を有する患者でも,検査を考慮すべきである。(CDC: Case Definitions for Use in the 2022 Monkeypox Responseも参照のこと。)

サル痘の治療

大半のサル痘患者は軽症で自然に軽快する。これは特に,現在の世界的なアウトブレイクの原因となっている西アフリカ型によく当てはまる。治療は鎮痛薬,輸液,および創傷ケアによる対症療法である。

重症患者,合併症がある患者,および重症化のリスクがある患者には,抗ウイルス薬による治療を考慮すべきである。これには,出血または融合がみられる病変,粘膜または性器病変,入院を必要とするその他の合併症がある患者や,易感染状態の患者,小児患者,妊娠中または授乳中の患者,皮膚の剥脱が起きる活動性疾患を有する患者などが含まれる。サル痘ウイルスの感染症に対して有効性が証明された安全な特異的治療法はない。それでも,治療では以下の選択肢がある:

  • 抗ウイルス薬のテコビリマット(tecovirimat):米国では天然痘の治療薬として食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)の承認を受けており,全年齢のサル痘患者に対する一次治療または早期の経験的治療として,Emergency Access Investigational New Drug(IND)プロトコルを介してCDCから経口および静注製剤を入手できるようになっている;EUでは天然痘およびサル痘を適応として承認されている。

  • 抗ウイルス薬のシドホビル(cidofovir)またはブリンシドホビル(brincidofovir)(CMX001)

  • ワクシニア免疫グロブリン(静注)

これらの薬剤はいずれも,in vitro試験と実験モデルでサル痘に活性を示すが,治療選択の指針となるデータはほとんどない;患者7例の症例集積研究でテコビリマット(tecovirimat)およびブリンシドホビル(brincidofovir)の使用が報告された(1 参考文献 サル痘は,天然痘ウイルスと構造的に近縁のオルソポックスウイルス(orthopoxvirus)であるサル痘ウイルスによって引き起こされる。患者は水疱性または膿疱性発疹で受診し,発疹は痛みを伴うことがあり,しばしば発熱,倦怠感,およびリンパ節腫脹を伴う。 診断はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による。治療は一般に対症療法であり... さらに読む 参考文献 )。2022年のアウトブレイクでは,テコビリマット(tecovirimat)が米国の一部の医療制度内で使用されている。(CDC: Information for Healthcare Providers on Obtaining and Using TPOXX [Tecovirimat] for Treatment of MonkeypoxおよびCDC: Monkeypox: Treatment Information for Healthcare Professionalsも参照のこと。)

治療に関する参考文献

  • 1.Adler H, Gould S, Hine P, et al: Clinical features and management of human monkeypox: a retrospective observational study in the UK.Lancet Infect Dis 22(8):1153-1162, 2022.doi: 10.1016/S1473-3099(22)00228-6.Epub 2022 May 24.Erratum in: Lancet Infect Dis 22(7):e177, 2022.

サル痘の予防

予防接種

天然痘ワクチンであるJYNNEOSは,免疫原性データと動物試験で得られた有効性データに基づき,2019年にサル痘と天然痘の両疾患の予防を適応としてFDAから認可を受けた。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は,サル痘ウイルスへの職業曝露のリスクがある個人は感染予防のためにJYNNEOSとACAM2000いずれかのワクチンの接種を受けるよう推奨している(CDC: Monkeypox and Smallpox Vaccine Guidanceを参照)。局地的なアウトブレイクの状況では,サル痘への社会的曝露のリスクが高い個人にもJYNNEOSが勧められることがある。

サル痘ウイルスは天然痘の原因ウイルスと非常に近縁であるため, 天然痘ワクチン 予防 天然痘は,オルソポックスウイルス属の一種である天然痘ウイルスによって引き起こされる,非常に感染力の強い疾患である。致死率は約30%である。自然感染は根絶されている。アウトブレイクに対する主な懸念はバイオテロによるものである。重度の全身症状と特徴的な膿疱が発生する。治療は一般に対症療法であり,抗ウイルス薬を使用することもある。予防にはワクチ... さらに読む  予防 はサル痘の予防法として少なくとも85%の効果を示すことが,アフリカでの過去の観察データから示唆されている。ただし,天然痘ワクチンの接種によって必ずしも終生免疫が得られるわけではないが,発症時の重症度が低下する可能性は高い。

感染制御

入院していないサル痘患者は以下の対策を講じるべきである:

  • 病変が消失して痂皮が脱落し,新たに正常な皮膚の層が形成されるまで,自宅隔離とする

  • 他者や動物との直接的な身体的接触を避ける

  • 寝具,タオル,衣服,コップ,食器など,汚染の可能性がある物品の共用を控え,よく接触する表面および物品を清浄化および消毒する

  • 家庭内で他者との濃厚接触が避けられない場合は,マスクを着用する

病院内での感染制御策としては,患者を個室に収容してドアを閉めることなどがある。感染性のある口腔内分泌物を拡散させる可能性が高い処置(例,挿管,抜管)を行わない限り,特別な空気処理は必要ない。乾燥した汚染物が空中または表面上に散布される可能性がある行為(例,扇風機を使用する,汚れた寝具を揺さぶる)は避けるべきである。適切な個人防護具(PPE)としては,ガウン,手袋,N95マスク(または同等のもの),眼の保護具などがある。標準的な消毒には,新規ウイルス病原体に対する効能が認められた米国環境保護庁認定の病院グレードの消毒剤を使用すべきである。西アフリカ型の患者では,廃棄物を感染性医療廃棄物に関する通常のガイドラインに従って取り扱うことができる。コンゴ盆地型の患者については,医療廃棄物が米国運輸省の有害物質規制下でカテゴリーAに分類されているため,これに従って管理すべきである(CDC: Infection Prevention and Control of Monkeypox in Healthcare Settingsを参照)。

サル痘患者を担当する全ての医療従事者は,最後の接触から21日間,少なくとも1日2回の頻度で,症状が現れていないかモニタリングすべきである。高リスクの曝露者(CCDC: Monitoring People Who Have Been Exposedを参照)には,JYNNEOSまたはACAM2000のワクチン接種による曝露後予防を勧めるべきである。ワクチン接種は理想的には曝露後4日以内に行うべきであるが,曝露後14日までは効果が得られる可能性がある(CDC: Monkeypox and Smallpox Vaccine Guidanceを参照)。

予防に関する参考文献

より詳細な情報

英語で記載された以下の資料が有用かもしれない。ただし,本マニュアルはこれらの資料の内容について責任を負わないことに留意されたい。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP