Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

オロヤ熱およびペルー疣

(カリオン病)

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University;


Maria T. Perez

, MD, Wellington Regional Medical Center, West Palm Beach

最終査読/改訂年月 2018年 4月

オロヤ熱とペルー疣は,グラム陰性細菌であるBartonella bacilliformisを原因菌とする感染症である。オロヤ熱は初回の曝露後に,ペルー疣は一次感染からの回復後に発生する。

オロヤ熱とペルー疣は,コロンビア,エクアドル,およびペルーのアンデス山脈のみで流行している風土病であり,どちらもPhlebotomus属のサシチョウバエを介してヒトからヒトへ伝播する。

オロヤ熱

オロヤ熱の症状は発熱と著明な貧血であり,発症は突然のこともあれば,潜行性のこともある。貧血は主として溶血性であるが,骨髄抑制も起こりうる。筋肉痛,関節痛,重度の頭痛,しばしばせん妄および昏睡が生じる。Salmonella属や他の大腸菌群による菌血症が重複して発生することがある。無治療患者での死亡率は50%を超える。

オロヤ熱の診断は血液培養により確定される。

オロヤ熱はサルモネラ(Salmonella)菌血症を併発することが多いため,クロラムフェニコール500~1000mg,経口,6時間毎,7日間が第1選択の治療である;さらに別の抗菌薬(典型的にはドキシサイクリンまたはβ-ラクタム系薬剤)を追加する医師もいるが,トリメトプリム/スルファメトキサゾール(TMP/SMX),マクロライド系,およびフルオロキノロン系薬剤も使用されて効果を示している。

ペルー疣

ペルー疣は,外観の特徴により,またときに生検でみられる皮膚の血管新生により診断する。

ほとんどの抗菌薬治療で寛解が得られるが,再発することが多く,長期の治療が必要である。

ペルー疣の典型的な治療法は,リファンピシン10mg/kg,経口,1日1回,10~14日間またはストレプトマイシン15~20mg/kg,筋注,1日1回,10日間である。シプロフロキサシン500mg,経口,1日2回,7~10日間も効果を示しており,アジスロマイシン,ドキシサイクリン,およびトリメトプリム-スルファメトキサゾールも同様である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP