Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

リンパ球性脈絡髄膜炎

執筆者:

Matthew E. Levison

, MD, Drexel University College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス(LCMV)は齧歯類の間で流行している。ヒトへの感染は,灰色のハツカネズミもしくはハムスターに汚染された塵埃,または食物への曝露によって起こることが最も多く,これらの動物はウイルスを保持し,尿,糞,精液,および鼻分泌物中にウイルスを排泄する。ハツカネズミの集団における感染した個体の割合は,地域によって異なる可能性がある;全米のハツカネズミの5%がLCMVを保有しており,疾患の徴候を示すことなく生涯ウイルスを感染させる能力を有すると推定されている。マウスによって伝播される場合,疾患は秋から冬にかけて主に成人に発生する。

症状と徴候

リンパ球性脈絡髄膜炎の潜伏期間は1~2週間である。

ほとんどの患者は症状がないかあっても最小限である。一部の患者はインフルエンザ様疾患を発症する。悪寒・振戦を伴う発熱は通常,38.5~40℃になり,倦怠感,脱力,筋肉痛(特に腰),眼窩後部の頭痛,羞明,食欲不振,悪心,およびふらつきを伴う。咽頭痛および異常感覚が起こる頻度はより低い。

5日~3週間後,1~2日間病状が好転する場合がある。多くは再発し,繰り返す発熱,頭痛,発疹,中手指節関節および近位指節間関節の腫脹,髄膜刺激徴候,精巣炎,耳下腺炎,または頭皮の脱毛を伴う。

妊娠中の感染により,水頭症,脈絡網膜炎,知的障害などの胎児の異常が生じうる。第1トリメスターでこの感染症を発症した場合,胎児死亡に至る。

診断

  • PCR,髄液検査,抗体の検出,およびウイルス培養

齧歯類への曝露歴を有し,特に無菌性髄膜炎または脳炎などの急性疾患のある患者では,リンパ球性脈絡髄膜炎が疑われる。無菌性髄膜炎により髄液中の糖濃度が軽度低下することがあるが,ときに15mg/dLまで低下する。髄液の白血球数は数百から数千まで幅があるが,通常はリンパ球の割合が80%を超える。典型的には1週目の間に,白血球数が2000~3000/μL,血小板数が50,000~100,000/μLとなる。

診断は以下による:

  • 急性期における血液または髄液のPCRまたはウイルス分離

  • ウイルスを接種して培養した細胞で間接蛍光抗体法を行う(ただし研究施設で行うことになる可能性が非常に高い)

  • ウイルス抗体のセロコンバージョンを同定する検査

治療

  • 支持療法

リンパ球性脈絡髄膜炎の治療は支持療法である。必要な処置は,重症度に応じて異なる。無菌性髄膜炎,脳炎,または髄膜脳炎が発生した場合,患者を入院させ,リバビリンによる治療を考慮すべきである。

特定の状況下では,抗炎症薬(例,コルチコステロイド)を検討することがある。

要点

  • ヒトにおけるリンパ球性脈絡髄膜炎の感染経路は,通常はネズミまたはハムスターの排泄物で汚染された塵埃または食物への曝露である。

  • ほとんどの患者は無症状または症状がほとんどみられないが,一部の患者はインフルエンザ様症状,ごく少数は無菌性髄膜炎を発症する。

  • 妊娠中の感染により胎児異常が生じることがあり,第1トリメスターで感染が起きると,胎児死亡に至ることがある。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP