Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

リンパ腫の概要

執筆者:

Carol S. Portlock

, MD, Weill Cornell University Medical College

最終査読/改訂年月 2018年 4月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース
icon

リンパ腫はかつて,白血病 白血病の概要 白血病は,未成熟または異常な白血球の過剰産生が起きることで,最終的に正常な血球の産生が抑制され,血球減少に関連する症状が現れる悪性疾患である。 白血化は,自己複製能が少し制限された造血前駆細胞レベルで生じることもあるが,通常は多能性幹細胞の段階で発生する。異常な増殖,クローン性増殖,異常な分化,およびアポトーシス(プログラム細胞死)の低下... さらに読む とは全く異なる疾患と考えられていた。しかし現在では,細胞マーカーとそれらのマーカーを評価するツールについて理解が深まったことで,これらの2種類の悪性腫瘍の区別はしばしば曖昧であることが示されている。少なくとも早期においては,リンパ腫は比較的リンパ系に限定され,白血病は骨髄に限定されるとする考え方も,常に真実であるとは限らない。

リンパ腫の悪性細胞は,リンパ節のみならず,骨髄内と血液中でも増殖することができる。これは,小リンパ球性/慢性リンパ性リンパ腫(SLL/CLL)や辺縁帯リンパ腫といった低悪性度の非ホジキンリンパ腫 非ホジキンリンパ腫 非ホジキンリンパ腫(NHL)は,リンパ節,骨髄,脾臓,肝臓,および消化管を含むリンパ細網部位におけるリンパ系細胞の単クローン性悪性増殖に起因する疾患の混成群である。通常は,初発症状として末梢のリンパ節腫脹がみられる。ただし,リンパ節腫脹は認められないが,循環血中に異常なリンパ球が認められる患者もいる。ホジキンリンパ腫と比べ,診断時に播種性... さらに読む 非ホジキンリンパ腫 と,より進行の速いマントル細胞リンパ腫でより多くみられる。SLL/CLLでは,典型的には優勢な所見(リンパ節性または白血病性)によって,それぞれリンパ腫と白血病のいずれかに区別される。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP