Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

高マグネシウム血症

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2016年 4月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

高マグネシウム血症とは,血清マグネシウム濃度が2.6mg/dL(1.05mmol/L)を上回ったことである。主な原因は腎不全である。症状としては,低血圧,呼吸抑制,心停止などがある。診断は血清マグネシウム濃度による。治療にはグルコン酸カルシウムの静注があり,フロセミドを投与してもよい;重症例では血液透析が役立つ場合がある。

マグネシウム濃度の異常の概要も参照のこと。)

症候性の高マグネシウム血症はかなり珍しい。腎不全患者が制酸薬または下剤などのマグネシウム含有薬物を服用して起こることが最も多い。

症状および徴候には,反射低下,低血圧,呼吸抑制,心停止がある。

診断

  • 血清マグネシウム濃度が2.6mg/dL(1.05mmol/L)を上回る

血清マグネシウム濃度が6~12mg/dL(2.5~5mmol/L)のときは,心電図にPR間隔の延長,QRS幅の増大,およびT波の増高がみられる。血清マグネシウム濃度が12mg/dL(5.0mmol/L)に近づくと深部腱反射が消失し,高マグネシウム血症が増悪すると低血圧,呼吸抑制,ナルコーシスが生じる。血中マグネシウム濃度が15mg/dL(6.0~7.5mmol/L)を上回ると心停止が生じることがある。

治療

  • グルコン酸カルシウム

  • 利尿または透析

重度のマグネシウム中毒の治療では,10%グルコン酸カルシウム10~20mLの静注を併用しながら循環および呼吸の補助を行う。グルコン酸カルシウムによって,呼吸抑制などマグネシウム誘発性の変化の多くが回復しうる。

腎機能が十分であれば,フロセミドの静注によってマグネシウム排泄を増加できる;体液量は維持すべきである。血中マグネシウムはタンパクと結合していないものが比較的多く(約70%),したがって血液透析により除去が可能であるため,重度の高マグネシウム血症では血液透析が有用となることがある。血行動態が障害され血液透析が施行不能であれば腹膜透析という選択肢がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP