Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

橋本甲状腺炎

(自己免疫性甲状腺炎;慢性リンパ球性甲状腺炎;橋本病)

執筆者:

Jerome M. Hershman

, MD, MS, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2016年 7月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

甲状腺機能の概要も参照のこと。)

橋本甲状腺炎は甲状腺の慢性自己免疫性炎症で,リンパ球の浸潤を伴う。所見には,無痛性の甲状腺腫大および甲状腺機能低下症状がある。診断には抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体の抗体価高値を証明することが含まれる。生涯にわたるl-チロキシン補充が典型的に必要となる。

橋本甲状腺炎は北米の原発性甲状腺機能低下症の最も一般的な原因であると考えられている。女性に数倍多く発生する。発生率は年齢とともに上昇し,ダウン症候群ターナー症候群クラインフェルター症候群などの染色体異常のある患者でも上昇する。甲状腺疾患の家族歴がよくみられる。

橋本甲状腺炎は,バセドウ病と同様,アジソン病(副腎機能不全),1型糖尿病副甲状腺機能低下症白斑,若年性白髪,悪性貧血,結合組織疾患(例,関節リウマチ,SLE,シェーグレン症候群),セリアック病,Schmidt症候群(橋本甲状腺炎に続発するアジソン病,糖尿病,および甲状腺機能低下症)など他の自己免疫疾患を伴うことがある。甲状腺腫瘍,およびまれに甲状腺リンパ腫の発生率が上昇する可能性がある。病理学的には,リンパ濾胞および瘢痕を伴う広範なリンパ球浸潤がみられる。

症状と徴候

患者は無痛性の甲状腺腫大やのどの詰まりを訴える。診察により,平滑または結節性で堅く,正常な甲状腺よりも弾性に富む圧痛のない甲状腺腫が明らかになる。多くの患者に甲状腺機能低下症状を認めるが,甲状腺機能亢進症状を呈する者もいる。

診断

  • サイロキシン(T4

  • 甲状腺刺激ホルモン(TSH)

  • 甲状腺自己抗体

検査は,T4,TSH,および甲状腺自己抗体の測定による。病初期にはT4およびTSH値は正常範囲内,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体は高値であり,また頻度は低いが抗サイログロブリン抗体が高値となる。

甲状腺の放射性ヨード摂取率が上昇することがあるが,これはおそらくヨードを取り込み続ける甲状腺におけるヨードの有機化障害が原因である。患者は後に甲状腺機能低下症を発症し,T4低値,甲状腺放射性ヨード摂取率低値,およびTSH高値を呈する。

その他の自己免疫疾患に対する検査は,臨床症状が認められる場合にのみ必要となる。

治療

  • 甲状腺ホルモン補充

甲状腺機能低下症は一過性のこともあるが,大半の患者では甲状腺ホルモンの補充が生涯必要となり,一般にはl-チロキシン75~150μg,1日1回の経口投与を行う。

要点

  • 橋本甲状腺炎は甲状腺の自己免疫性炎症である。

  • 患者はときにその他の自己免疫疾患を有する。

  • T4およびTSH値は初期には正常であるが,その後T4は低下し,TSHは上昇し,患者は臨床的に甲状腺機能低下を示す。

  • 抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体は高値であり,また頻度は低いが抗サイログロブリン抗体が高値となる。

  • 生涯にわたる甲状腺ホルモン補充が一般的には必要となる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP