Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

栄養所要量

執筆者:

Adrienne Youdim

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2019年 5月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

良好な栄養摂取が目的とするものは,望ましい身体組成,ならびに身体的および精神的活動のための高い能力を獲得し維持することである。望ましい体重にはエネルギーの摂取と消費のバランスをとることが必要である。エネルギー消費量は,年齢,性別,体重(推奨される食事摂取基準 推奨される多量栄養素の食事摂取基準*,米国アカデミー,医学研究所,食品栄養委員会(Food and Nutrition Board, Institute of Medicine of the National Academies) 栄養学とは,食物および食物と健康との関係に関する科学である。栄養素は身体が成長,維持,およびエネルギーに利用する食物中の化学物質である。 体内で合成できず,そのため食事から摂る必要がある栄養素は,必須栄養素とされる。具体的には以下のものがある: ビタミン ミネラル 一部のアミノ酸 さらに読む の表を参照),ならびに代謝活性および身体活動によって決まる。エネルギー摂取が消費を上回れば,体重は増加する。エネルギー摂取が消費を下回れば,体重は減少する。

必須栄養素の1日当たりの食事からの必要摂取量も,年齢,性別,体重,ならびに代謝活性および身体活動によって異なる。National Academy of Sciences(米国科学アカデミー)/National Research Council(全米研究評議会)のFood and Nutrition Board(栄養食品委員会)と米国農務省(US Department of Agriculture:USDA)は,タンパク質,エネルギー,ならびに一部のビタミンおよびミネラルの 食事摂取基準(DRI)を5年毎に発表している(推奨される食事摂取基準 推奨される多量栄養素の食事摂取基準*,米国アカデミー,医学研究所,食品栄養委員会(Food and Nutrition Board, Institute of Medicine of the National Academies) 栄養学とは,食物および食物と健康との関係に関する科学である。栄養素は身体が成長,維持,およびエネルギーに利用する食物中の化学物質である。 体内で合成できず,そのため食事から摂る必要がある栄養素は,必須栄養素とされる。具体的には以下のものがある: ビタミン ミネラル 一部のアミノ酸 さらに読む ビタミンの1日当たりの推奨摂取量 ビタミンの1日当たりの推奨摂取量 ビタミンには以下のものがある: 脂溶性ビタミン(ビタミンA,D,E,およびK) 水溶性ビタミン(ビタミンB群およびビタミンC) ビタミンB群には,ビオチン,葉酸,ナイアシン,パントテン酸,リボフラビン(B2),チアミン(B1),B6(例,ピリドキシン),B12(コバラミン)などがある。... さらに読む ,および1日当たり摂取量のガイドライン 微量ミネラルの1日当たり摂取量のガイドライン ヒトには6種類の多量ミネラル(マクロミネラル)がグラム単位で必要である。 4種類の陽イオン:ナトリウム,カリウム,カルシウム,およびマグネシウム 付随する2種類の陰イオン:塩化物イオンとリン 1日当たりの必要量は0.3~2.0gである。骨,筋肉,心臓,および脳の機能が,これらの多量ミネラルに依存している。... さらに読む の表も参照)。よくわかっていないビタミンおよびミネラルについては,安全かつ十分な毎日の食事による摂取量が推計されている。

USDAは,個々のニーズに応じて健康的な食習慣を確立し健康的な食品を選ぶ手助けとなる, MyPlateを発表している。推奨量は,年齢,性別,および身体活動に基づき個別化される。

icon

一般に,加齢とともに身体活動は減少する傾向があり,消費されるエネルギーが減るため,推奨摂取量は減少する。

成人および小児において以下の一般的な指針が重視される:

  • 全粒穀物の摂取を増やす

  • 野菜および果物の摂取を増やす

  • 全脂乳製品を,無脂肪または低脂肪乳製品(または同等の物)で代用する

  • 飽和脂肪の摂取を減らす

  • トランス脂肪酸の摂取を減らす,または摂取をやめる

  • 定期的に運動する

また,十分な水分摂取も重要である。

脂肪は総カロリーの28%以下に抑え,また飽和脂肪酸およびトランス脂肪酸を8%未満にすべきである。飽和脂肪の過剰摂取は,動脈硬化の一因となる。飽和脂肪を多価不飽和脂肪酸で代用すれば,動脈硬化のリスクを低下できる。

栄養補助食品の常用は必要性もなければ有益でもなく,中には有害なものもある。例えば,ビタミンAの過剰摂取は,頭痛,骨粗鬆症,および発疹を伴うビタミンA過剰症を招くことがある。

より詳細な情報

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP