Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

亜鉛

執筆者:

Larry E. Johnson

, MD, PhD, University of Arkansas for Medical Sciences

医学的にレビューされた 2018年 10月
意見 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

亜鉛(Zn)は主に骨,歯,毛髪,皮膚,肝臓,筋肉,白血球,および精巣に含まれる。亜鉛は,多数のニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)デヒドロゲナーゼ,RNAポリメラーゼおよびDNAポリメラーゼ,ならびにDNA転写因子のほか,アルカリホスファターゼ,スーパーオキシドジスムターゼ,および炭酸脱水酵素など,数百の酵素の成分である。

繊維およびフィチン酸塩が豊富な食事(例,全粒粉のパン)は,亜鉛の吸収を低下させる。

亜鉛欠乏症

食事による欠乏症は健常者では可能性が低い。二次性亜鉛欠乏症が以下で生じることがある:

  • 利尿薬を服用している患者

  • 糖尿病,鎌状赤血球症,慢性腎臓病,肝疾患,慢性アルコール中毒,または吸収不良の患者

  • ストレスの多い状態(例,敗血症,熱傷,頭部損傷)の患者

  • 高齢の施設に入所している患者および自宅から出られない患者(高頻度)

母体の亜鉛欠乏症により,胎児奇形および低出生体重が生じることがある。

小児の亜鉛欠乏症は,成長障害,味覚障害(味覚低下),性的成熟の遅れ,および性腺機能低下症を引き起こす。小児または成人では,脱毛,免疫障害,食欲不振,皮膚炎,夜盲症,貧血,嗜眠,創傷治癒の障害などがみられる。

典型的な症状または徴候を伴う低栄養患者では,亜鉛欠乏症を疑うべきである。しかし,症状と徴候の多くは非特異的であるため,軽度の亜鉛欠乏症を臨床的に診断するのは困難である。臨床検査による診断もまた困難である。亜鉛欠乏症でよくみられるアルブミン低値によって,血清亜鉛濃度の解釈が困難になる;診断には通常,血清中の亜鉛の低値と亜鉛の尿中排泄量の上昇の組合せが必要である。利用できるのであれば,アイソトープ試験によって亜鉛の状態をより正確に測定できる。

亜鉛欠乏症の治療として,症状および徴候が消失するまで,成分亜鉛15~120mgを1日1回経口投与する。

腸性肢端皮膚炎

腸性肢端皮膚炎(まれで,以前は致死的であった常染色体劣性遺伝疾患)は亜鉛の吸収不良を引き起こす。乾癬様皮膚炎が,眼,鼻,口の周囲;殿部および会陰;および肢端部で生じる。さらに,脱毛,爪囲炎,免疫障害,反復性感染症,成長障害,および下痢を引き起こす。症状および徴候は通常,乳児が離乳した後に出現する。そのような場合,医師は腸性肢端皮膚炎を疑う。診断が正しければ,硫酸亜鉛30~150mg/日の経口投与により,通常は完全寛解に至る。

亜鉛欠乏症

亜鉛中毒

成人で推奨されている亜鉛摂取の上限量は40mg/日である;より若年者では上限量は低くなる。中毒はまれである。

長期間にわたり100~150mg/日の成分亜鉛を摂取すると,銅代謝が阻害され,血中銅濃度の低値,小赤血球症,好中球減少症,および免疫障害が生じる;高用量の投与は短期間のみとし,患者を注意深く経過観察すべきである。

さらに大量の摂取(200~800mg/日)は,通常は亜鉛メッキした容器に入った酸性の食物や飲料の摂取によるものであり,食欲不振,嘔吐,および下痢を引き起こすことがある。慢性中毒の結果,銅欠乏症が生じることがあり,神経損傷を引き起こすことがある。

真鍮鋳工熱(brass-founders’ ague)または亜鉛性振戦(zinc shake)とも呼ばれる金属フューム熱が,産業性の酸化亜鉛の蒸気を吸入することによって生じ,その結果,発熱,呼吸困難,悪心,倦怠感,および筋肉痛が生じる。発症は通常,曝露後4~12時間である。症状は,亜鉛がない環境で12~24時間過ごすと通常は消失する。

亜鉛中毒の診断は通常,経過および曝露歴に基づく。

亜鉛中毒の治療は,亜鉛への曝露の排除であり,解毒剤はない。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP