Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

フッ素

執筆者:

Larry E. Johnson

, MD, PhD, University of Arkansas for Medical Sciences

最終査読/改訂年月 2018年 10月

体内のフッ素(F)のほとんどは骨と歯に含まれる。フッ化物(フッ素のイオン型)は自然界に広く分布する。フッ化物の主な摂取源はフッ化物濃度調整飲料水である。

フッ素欠乏症

フッ素欠乏症は齲歯および場合によっては骨粗鬆症につながることがある。1ppm未満(理想濃度)を含む水のフッ化物濃度調整により齲歯の発生率が低下する。小児の飲料水がフッ素濃度調整したものでない場合,経口のフッ化物サプリメントを処方してもよい。

フッ素中毒

過剰なフッ素は歯および骨に蓄積することがあり,フッ素症を引き起こす。10ppmを超えるフッ素を含む飲料水が一般的な原因である。フッ化物の摂取量が高い時期に発達した永久歯が,侵される可能性が最も高い。乳歯が侵されるには,曝露がはるかに多量である必要がある。

フッ素中毒の最も初期の徴候は以下のものである:

  • エナメル質の表面に不規則に分布する,チョーク様の白い斑点

この斑点が黄色または褐色の染みになり,特徴的な斑状の外観を生じる。重度の中毒によりエナメル質がもろくなり,表面にくぼみができる。骨硬化症,脊椎の外骨腫,および外反膝などの骨変化が生じることがあるが,長期間フッ化物を大量摂取した成人に限られる。

中毒を診断する検査法はない。

フッ素中毒の治療としては,フッ化物の摂取を減少させる;例えば,水のフッ化物濃度が高い地域では,患者はフッ化物濃度調整水を飲んだり,フッ化物サプリメントを摂取したりすべきではない。小児には,フッ化物添加歯磨剤を飲み込まないよう常に言い聞かせるべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP