Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

他の医学的疾患に影響する心理的要因

執筆者:

Joel E. Dimsdale

, MD,

  • Professor Emeritus, Department of Psychiatry
  • University of California, San Diego

最終査読/改訂年月 2016年 8月

他の医学的疾患に影響する心理的要因は,心理的または行動的要因が既存の医学的疾患の経過または転帰に有害な影響を及ぼしている場合に診断される。

既存の身体的な疾患(例,糖尿病,心疾患)または症状(例,疼痛)に有害な影響を及ぼしている臨床的に有意な心理的または行動的要因が1つ以上認められる。それらの要因は苦痛,死亡,または機能障害のリスクを高めたり,基礎にある身体疾患を悪化させたり,入院または救急外来の受診に至ったりすることがある。身体疾患に対する転帰に影響を及ぼさない異常な心理的または行動的反応は,適応障害と考えられる。

身体疾患に有害な影響を及ぼす可能性のある心理的または行動的要因としては,以下のものがある:

  • 症状の重大性または重症度の否認

  • 処方された検査および治療に対するアドヒアランス不良

患者は治療が失敗したとして,またはストレスに関連する身体疾患の増悪(例,たこつぼ心筋症)により受診することがある。

患者教育と精神療法による介入が有用となる可能性がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP