Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

気分障害の概要

執筆者:

William Coryell

, MD, Carver College of Medicine at University of Iowa

最終査読/改訂年月 2016年 8月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

(小児の気分障害については, 小児および青年における抑うつ障害。)

気分障害は,長期間にわたる過度の悲しみ,過度の喜び,またはその両方から成る情動の障害である。気分障害は以下のように分類されている:

不安症および関連症群も気分に影響を及ぼす。

悲しみや喜び(高揚感)といった気分の変化は日常生活の一部である。悲しみは挫折,失望,および他の落胆する状況に対する普遍的な反応である。喜びは成功,達成,および他の励みとなる状況に対する普遍的な反応である。悲嘆は悲しみの一形態であり,喪失に対する正常な情動反応と考えられる。死別反応とは,愛する者の死に対する情動反応を具体的に指す用語である。

気分障害は,悲しみまたは高揚が過度に強く,持続的であり,悲しみまたは高揚以外にも気分障害の症状を一定数以上伴い,かつ患者の機能を著しく障害している場合に診断される。この場合,強い悲しみをうつ病,強い高揚感を躁病と呼ぶ。抑うつ障害群はうつ病を特徴とし,双極性障害群はうつ病と躁病の様々な組合せを特徴とする。

抑うつ障害患者における自殺の生涯リスクは,2~15%であり,疾患の重症度に依存している。以下の状況では自殺リスクがさらに増加する:

  • 治療開始時で,精神運動活動が正常に戻りつつあるが,気分はなお暗いままの場合

  • 躁うつ混合状態を呈している場合

  • 個人的に重要な記念日

  • 重度の不安を伴う場合

  • 飲酒および物質使用を伴う場合

気分障害のその他の合併症としては以下のものがある:

  • 社会的機能,社会的交流の維持,および日常活動への参加における軽度から完全な不能に至るまでの障害

  • 食物摂取の障害

  • 重度の不安

  • アルコール依存症

  • その他の薬物依存

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP