Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

神経性過食症

執筆者:

Evelyn Attia

, MD, Columbia University Medical Center;


B. Timothy Walsh

, MD, College of Physicians and Surgeons, Columbia University

最終査読/改訂年月 2018年 3月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

神経性過食症は,反復的な過食エピソードとそれに続く排出(自己誘発性嘔吐,下剤または利尿薬の乱用),絶食,衝動的運動などの不適切な代償行動を特徴とし,3カ月にわたり平均して週1回以上の頻度でエピソードがみられる。診断は病歴と診察に基づく。治療は精神療法および抗うつ薬による。

病態生理

大幅な体重減少は生じないため,神経性やせ症でしばしば生じる重篤な身体的合併症はみられない。しかしながら,嘔吐を誘発するためにトコンシロップが使用される場合,その長期乱用によって心筋症が発生することがある。

症状と徴候

典型例では,神経性過食症患者は過食・排出行動について自分で説明する。過食は,大半の人が同程度の時間内に同様の状況下で食べると予想される量を明らかに上回る量(しかしながら,通常の食事と休日の食事で過剰とみなされる量は異なる場合がある)の食物を,自制心の喪失を感じながら素早く摂取することである。

過食エピソード中,患者は,甘く,高脂肪の食物(例,アイスクリーム,ケーキ)を摂取する傾向がある。過食における食物摂取量は様々であり,ときに何千カロリーにもなる。過食は発作的に生じ,しばしば心理社会的ストレスにより引き起こされ,1日に数回発生することも多く,通常は隠れて行われる。

過食の後には,自己誘発性嘔吐,下剤または利尿薬の使用,過度の運動,および/または絶食などの代償行動が続いてみられる。

典型的には,患者の体重は正常であり,過体重または肥満は少数である。しかしながら,患者は自身の体重および/または体型を過度に気にしており,しばしば患者は自身の体に不満をもち,減量する必要があると考えている。

神経性過食症患者は神経性やせ症患者と比べて,自らの行動をより自覚しており,後悔または罪悪感を覚えやすい傾向があり,共感的な対応のもとで医師から質問された場合,自分の心配を認める可能性が高い。さほど社会的に孤立しておらず,衝動的行動,薬物およびアルコール乱用に走りやすく,明らかな抑うつに陥りやすい。これらの患者では不安(例,体重および/または社交状況に関する)および不安症群 不安症の概要 恐怖や不安は誰もが日常的に経験するものである。恐怖とは,直ちに認識可能な外部からの脅威(例,侵入者,凍結した路面でスピンする車)に対する情動的,身体的,および行動的な反応である。不安とは,神経過敏や心配事による苦痛で不快な感情状態であり,その原因はあまり明確ではない。脅威が生じる厳密な時期と不安との間に強い結びつきはなく,不安は脅威の前に... さらに読む の頻度が高い可能性がある。

合併症

身体的な症状および合併症は,大半が排出行動の結果である。自己誘発性嘔吐は,前歯のエナメル質の酸蝕,無痛性の耳下(唾液)腺腫大,および食道の炎症につながる可能性がある。身体徴候としては以下のものがある:

  • 耳下腺の腫脹

  • 手拳上の瘢痕(咽頭反射を引き起こすために繰り返し指で嘔吐を誘発することにより生じる)

  • 歯の酸蝕

診断

  • 臨床基準

神経性過食症の臨床的な診断基準には以下が含まれる:

  • 摂食のコントロールに対する喪失感を伴った過食(異常に大量の食物を自制できずに摂取する)のエピソードが,3カ月にわたり平均して週1回以上の頻度で反復する

  • 体重に影響を及ぼす不適切な代償行動が反復してみられる(3カ月にわたり平均して週1回以上)

  • 体型および体重に関する懸念により,過度に影響を受けている自己評価

治療

  • 認知行動療法(CBT)

  • 対人関係療法(IPT)

  • SSRI

神経性過食症に対してはCBTが第1選択の治療法である。集団療法として行うことも可能であるが,治療は通常,4~5カ月にわたる16~20回の個別セッションで構成される。治療は以下を目的とする:

  • 変化への動機づけを高める

  • 不十分な食事を規則的で柔軟な食事パターンで置き換える

  • 体型および体重に関する過度の懸念を緩和する

  • 再発を予防する

CBTは約30~50%の患者で過食および自己誘発性嘔吐を解消する。他の多くの患者も改善を示すが,一部の患者は治療から脱落するか,反応を示さない。通常,改善は長期にわたり良好に維持される。

IPTでは,摂食障害を持続させている可能性がある対人関係上の問題を患者が確認し,変容させることを支援することに力点を置く。治療は非指示的かつ非解釈的で,摂食障害の症状に直接焦点を合わせていない。CBTが利用できない場合は,IPTを代替とみなすことができる。

長期成績は不明であるが,SSRI 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) うつ病の治療には,いくつかの薬物クラスおよび薬物が使用できる: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) セロトニン調節薬(5-HT2遮断薬) セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 ノルアドレナリン-ドパミン再取り込み阻害薬 さらに読む 単独で過食および嘔吐の頻度を低減できる。SSRIは併存する不安および抑うつの治療にも効果的である。フルオキセチンは神経性過食症の治療として承認されており,用量は60mg,経口,1日1回が推奨される(この用量はうつ病で典型的に用いられるものより高用量である)。

要点

  • 神経性過食症では,過食に引き続いて,自己誘発性嘔吐,下剤もしくは利尿薬の乱用,絶食,または過度の運動などの不適切な代償行動が繰り返しみられる。

  • 神経性やせ症の患者とは異なり,神経性過食症患者は大幅な体重減少または栄養不足が生じることはまれである。

  • 反復性の自己誘発性嘔吐によって歯のエナメル質の酸蝕および/または食道炎が生じることがある。

  • 認知行動療法のほか,ときにSSRIにより治療する。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP