Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

嗅覚関連づけ症候群

(自己臭恐怖)

執筆者:

Katharine A. Phillips

, MD, Weill Cornell Medical College;


Dan J. Stein

, MD, PhD, University of Cape Town

最終査読/改訂年月 2018年 6月

嗅覚関連づけ症候群は,Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition(DSM-5)で挙げられているように,他の特定される強迫症および関連症の一例である。

嗅覚関連づけ症候群患者は,自身の体から悪臭または他者を不快にさせる臭いが出ているという(他者には知覚されない)悩ましい考えにとらわれている。通常,そのとらわれは反復行動(例,自分の体臭をかぐ,過剰にシャワーを浴びる)およびあると思い込んでいる臭いをカモフラージュする努力(例,香水やデオドラントによる)を伴う。通常,病識は乏しいか欠如している。

関連づけ思考がよくみられ,例えば,自分の体臭のために他者が自分と距離をとって座ったり,鼻を覆ったりしていると思い込むことがある。通常,嗅覚関連づけ症候群は機能を著しく損ない,典型的には患者は社会的状況を回避する。

病識は通常乏しいか欠如しているため,多くの患者は精神科医以外の医師による治療(例,あると思い込んでいる口臭に対する扁桃摘出術)を求めるが,それが役立つようとは思えない。

嗅覚関連づけ症候群については,治療法の研究が実施されていないが,臨床経験と公表されている症例集積研究から,SSRIまたはクロミプラミン(単独または抗精神病薬との併用)および醜形恐怖症に対する治療法と同様の認知行動療法が役立つ場合があることが示唆されている。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP