Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

強迫性パーソナリティ障害(OCPD)

執筆者:

Lois Choi-Kain

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2016年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

強迫性パーソナリティ障害は,結果的に仕事を遅らせたり,仕事の完了を妨げたりするような規律性,完全主義,およびコントロール(柔軟性の余地がない)への広汎なとらわれを特徴とする。診断は臨床基準による。治療は精神力動的精神療法,認知行動療法,およびSSRIによる。

パーソナリティ障害の概要も参照のこと。)

強迫性パーソナリティ障害患者は物事をコントロールしている状態にあることが必要なため,努力を行っているうちに孤独になり,他者の助力を信用しない傾向がある。

一般人口の約2.1%が強迫性パーソナリティ障害を有していると推定され,男性に多い。

強迫性の家族特性,感情の範囲の狭さ,完全主義がこの障害に寄与していると考えられている。

併存症を認めることもある。患者は抑うつ障害(うつ病または気分変調症)またはアルコール使用障害も有することが多い。

症状と徴候

強迫性パーソナリティ障害の症状は1年で緩和することがあるが,症状の長期的な持続性は研究されていない。

強迫性パーソナリティ障害患者では,秩序,完全主義,ならびに自身および状況のコントロールに対するとらわれが柔軟性,効率,および率直さの妨げとなる。自分の活動について柔軟性がなく,頑固である患者は,あらゆる物事が特定の方法で行われなければならないと主張する。

コントロールしている感覚を維持するために,患者は規則,詳細,手順,スケジュール,およびリストを重視する。その結果,計画や活動の要点が見失われる。このような患者はミスがないか繰り返し確認し,細部に法外な注意を払う。時間を有効に利用することがなく,しばしば最も重要な仕事を最後まで残してしまう。細部および全てを完全にすることへのとらわれのために,完了が際限なく遅れることがある。患者は自分の行動が同僚に影響を及ぼしていることに気づかない。ある仕事にかかりきりになると,生活の他の側面全てを怠ることがある。

あらゆることを特定の方法で行おうとするため,仕事を任せたり,他者と一緒に働いたりすることに困難がある。他者と一緒に働く場合,患者は仕事をどのようにやるべきかについて詳細なリストを作成し,同僚が別の方法を提案すると動揺することがある。スケジュールに遅れている場合でも手助けを拒否することがある。

強迫性パーソナリティ障害の患者は,仕事および生産的活動に過度に専心し,その専心は経済的な必要性を動機としていない。その結果,余暇の活動や人間関係が軽視される。患者はリラックスしたり,友人と出かけたりする時間がないと考えることがあるが,休暇の取得を長く先延ばしにして,結局休暇を取らなかったり,取っても時間を無駄にしないように仕事をもっていかなければならないと感じたりする。友人と過ごすことになっても,その時間は改まって準備された活動(例,スポーツ)に費やされることが多い。趣味やレクリエーション活動は,習得のための計画および勤勉性が必要な重要な課題とみなされ,その目標は熟達となる。

このような患者は前もって極めて詳細に計画を立て,変更を考えることを望まない。患者の手加減のない柔軟性のなさのために同僚や友人が苛立ちを覚えることがある。

感情の表現も厳格にコントロールされる。人付き合いは形式的な,堅苦しい,または真面目なものとなる場合がある。多くの場合,話すべき正確な内容を考えてからでないと話し出さない。論理および知性に重点を置き,感情的行動または表現行動に不寛容である。

道徳,倫理,および価値観の問題に関して過度に熱心で,気難しく,厳格なことがある。厳格な道徳的原則を自他に課し,ひどく自己批判的である。権威を頑固に敬い,規則の厳密な遵守を主張し,酌量すべき状況に対しても例外を認めない。

診断

  • 診断基準(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition[DSM-5])

強迫性パーソナリティ障害の診断を下すには,以下の4つ以上により示される,秩序,完全主義,および自己,他者,状況のコントロールに対するとらわれの持続的パターンが認められる必要がある。

  • 細部,規則,スケジュール,秩序,およびリストに対するとらわれがある

  • 仕事の完成を妨げてでもある物事を完全に行おうと努力する

  • 仕事および生産的活動へ過度に専心(経済的必要性によるものではない)し,結果的に余暇活動および友人を軽視する

  • 倫理的および道徳的問題や価値観に関して過度に誠実,潔癖で柔軟性がない

  • 感情的価値のないものであっても,使い古されたものまたは不要なものを捨てようとしない

  • 他者が正確に患者の望む通りに物事を行うことに同意しない限り,他者に仕事を任せたり,他者とともに働いたりしたがらない

  • 金を将来の災害のために取っておくべきものと考えているため,自分および他者に対して金銭を出し惜しむ

  • 柔軟性がない,頑固

また,症状は成人期早期までに始まっている必要がある。

鑑別診断

強迫性パーソナリティ障害は以下の障害と鑑別する必要がある:

  • 強迫症(OCD)OCD患者には真の強迫観念(顕著な不安の原因となる反復的で自分の意思に反した侵入的な思考)と強迫行為(自分の強迫観念をコントロールするために行わなければならないと感じる儀式的行動)がみられる。OCD患者はしばしば強迫的衝動をコントロールできないことに苦痛を感じるが,強迫性パーソナリティ障害患者では,コントロールへの欲求が秩序へのとらわれにより突き動かされているため,その行動,価値観,および感情は一般に許容されるものであり,患者の自己感覚と一致している。

  • 回避性パーソナリティ障害回避性パーソナリティ障害および強迫性パーソナリティ障害はいずれも社会的孤立を特徴とする;しかしながら,強迫性パーソナリティ障害患者では,孤立は人間関係より仕事や生産性を優先するために生じ,このような患者が他者を信用しないのは,他者が患者の完全主義の邪魔になりうるということにのみ起因する。

  • シゾイドパーソナリティ障害シゾイドパーソナリティ障害および強迫性パーソナリティ障害のいずれも,対人関係の見かけ上の形式性および孤立を特徴とする。しかしながら,その動機は異なる:シゾイドパーソナリティ障害患者では基本的に親密性を築く能力がないのに対し,強迫性パーソナリティ障害患者では,感情に関わることへの不快感および仕事への専心のためである。

治療

  • 精神力動的精神療法

  • 認知行動療法

  • SSRI

強迫性パーソナリティ障害の一般的治療は全てのパーソナリティ障害に対するものと同様である。

強迫性パーソナリティ障害の治療に関する情報は乏しい。また,患者の柔軟性のなさ,頑固さ,コントロールへの欲求のために治療は複雑なものとなり,治療者とってもフラストレーションとなりうる。

精神力動的精神療法および認知行動療法が強迫性パーソナリティ障害患者に有用なことがある。ときに,治療中に患者がする面白く,詳細で,知的な会話から,治療に適した心理特性を有するように見える場合があるが,感情を欠いているため,変化にはつながらない。

SSRIが有用なことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP