Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNCT)

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(short-lasting unilateral neuralgiform headache with conjunctival injection and tearing:SUNCT)は,極めて頻発する一側性の頭痛および自律神経活性化を特徴とするまれな疾患である。

SUNCTでは,疼痛発作は典型的には眼窩周囲に起こり,極めて頻発し(200回/日に及ぶ),5~250秒間続く。結膜充血はしばしば最も顕著な自律神経症状である;流涙が明らかなこともある。

診断

治療

  • 急性発作に対して,リドカイン静注

  • 予防目的で,抗てんかん薬投与および/または後頭神経刺激もしくは後頭神経ブロック

SUNCTの治療では,急性発作に対しリドカイン静注を,また予防目的で抗てんかん薬投与(例,ラモトリギン,トピラマート,ガバペンチン)および後頭神経刺激または後頭神経ブロックを行う。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP