Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

脊髄硬膜下または脊髄硬膜外血腫

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 9月

脊髄硬膜下または脊髄硬膜外血腫は,硬膜下腔または硬膜外腔に脊髄の機械的圧迫につながりうる血液の蓄積が生じた状態である。診断はMRIまたは(MRIが直ちに施行できない場合は)CT脊髄造影による。治療は緊急の外科的ドレナージによる。

脊髄疾患の概要も参照のこと。)

脊髄硬膜下血腫または脊髄硬膜外血腫(通常は胸椎または腰椎領域)はまれな疾患ではあるが,背部外傷や抗凝固薬または血栓溶解療法に起因することもあれば,出血性素因のある患者では腰椎穿刺の施行後に発生することもある。

症状と徴候

脊髄硬膜下または脊髄硬膜外血腫の症状は背部の局所性または根性の背部痛および叩打痛から始まり,しばしば重度である。

脊髄圧迫が起こることもあり,腰髄神経根の圧迫は馬尾症候群や下肢の不全麻痺を引き起こすことがある。障害は数分から数時間をかけて進行する。

診断

  • MRI

非外傷性の急性脊髄圧迫の症候や突然生じた原因不明の下肢不全麻痺がみられる患者では,血腫が疑われ,特に可能性のある原因(例,外傷,出血性素因)がある場合には,その可能性が高くなる。

診断はMRIまたは(MRIが直ちに施行できない場合は)CT脊髄造影による。

治療

  • ドレナージ

脊髄硬膜下または脊髄硬膜外血腫の治療は,緊急の外科的ドレナージである。

クマリン系抗凝固薬を使用中の患者には,INRを正常化するため必要に応じてフィトナジオン(ビタミンK1)2.5~10mgの皮下投与と新鮮凍結血漿の投与を行う。血小板減少のある患者には血小板を投与する。

要点

  • 局所性または根性の背部痛および叩打痛,または突然生じる原因不明の下肢不全麻痺がある患者では,特に何らかの原因(例,外傷,出血性素因)が想定される場合,脊髄硬膜下または硬膜外血腫を疑う。

  • MRIまたは(MRIが直ちに施行できない場合は)CT脊髄造影により診断する。

  • 血腫は直ちに外科的にドレナージする。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP