Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

神経生検と筋生検

執筆者:

Michael C. Levin

, MD, College of Medicine, University of Saskatchewan

最終査読/改訂年月 2018年 12月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

神経生検と筋生検は通常同時に行われる【訳注:対象疾患に応じて個別に行われることも多い】。

多発神経障害が軸索障害型か脱髄障害型かを鑑別する上で他の検査で結論が得られない場合は,神経生検が役立つ可能性がある。障害された領域を支配する1本の神経を選ぶべきである。

生検で神経終末がなくなっているのがわかれば,皮膚パンチ生検をおこなうことで小径線維の多発神経障害(小径線維ニューロパチー)を確認できる可能性がある。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP