Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

第6脳神経麻痺

(外転神経麻痺)

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM,

  • Weill Cornell Medical College
  • New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 2月

第6脳神経麻痺は外直筋を障害し,眼球外転を妨げる。患者が正面を見たとき,眼球はやや内転していることがある。麻痺は,神経梗塞,ウェルニッケ脳症,外傷,感染症,または頭蓋内圧亢進に続発することもあれば,特発性のこともある。原因の診断にはMRIならびに,しばしば腰椎穿刺および血管炎の評価を要する。

病因

第6脳神経(外転神経)麻痺は典型的には小血管病に起因し,特に糖尿病で多発性単神経炎(多発性単神経障害)と呼ばれる経過の一部として生じる。虚血,高血圧(ときに),あるいは海綿静脈洞(例,上咽頭腫瘍),眼窩,または頭蓋底の病変による神経の圧迫に起因することもある。この麻痺は頭蓋内圧亢進,頭部外傷,またはその両方に起因することもある。その他の原因には,髄膜炎,髄膜癌腫症,ウェルニッケ脳症,動脈瘤,血管炎,多発性硬化症,橋卒中などがあり,まれに低髄液圧性頭痛(例,腰椎穿刺後)が原因となることもある。呼吸器感染のある小児では,反復性麻痺が起こることがある。しかしながら,孤立性第6脳神経麻痺の原因は同定されないことが多い。

症状と徴候

第6脳神経麻痺の症状としては,麻痺側を見たときの両眼性水平複視などがある。内直筋の緊張に抗する作用がなくなるため,正面視をした際に眼球がやや内転する。外転は遅延し,最大限に外転しても瞳孔外側の強膜が見える。完全麻痺の場合は,眼球が正中を越えて外転できない。

海綿静脈洞の出血(例,頭部外傷または頭蓋内出血による),腫瘍,または動脈瘤による神経圧迫に起因する麻痺は,重度の頭痛,結膜浮腫,第5脳神経第1枝支配領域の感覚脱失,視力障害を伴う視神経圧迫,ならびに第3,第4,および第6脳神経麻痺を引き起こす。典型的には両側が侵されるが,左右差がある。

診断

  • MRI

  • 血管炎が疑われる場合は,赤沈,抗核抗体,およびリウマトイド因子

第6脳神経麻痺は通常明らかであるが,原因は不明なことが多い。眼底検査時に網膜の静脈拍動がみられるならば,頭蓋内圧亢進の可能性は低い。

CTはすぐに使用できることが多いため,しばしば撮影される。しかしながら,第1選択の検査はMRIである;MRIの方が眼窩,海綿静脈洞,後頭蓋窩,および脳神経のより解像度の高い画像が得られる。画像検査の結果は正常であっても,髄膜炎または頭蓋内圧亢進が疑われる場合は,腰椎穿刺を行う。

血管炎が臨床的に疑われる場合は,評価は赤沈,抗核抗体,リウマトイド因子の測定から始める。

小児では,頭蓋内圧亢進が除外されれば,呼吸器感染症を考慮する。

治療

多くの患者では,基礎疾患を治療すれば,第6脳神経麻痺は寛解する。特発性麻痺および虚血性麻痺は通常2カ月以内に軽快する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP