Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

第4脳神経麻痺

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM,

  • Attending Neurologist and Director, Neuromuscular Service and EMG Laboratory
  • New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 2月

第4脳神経麻痺は上斜筋を障害し,垂直注視麻痺(主に内転時)を引き起こす。

第4脳神経(滑車神経)麻痺はしばしば特発性である。同定されている原因は少ない。原因には,閉鎖性頭部損傷(一般的で,一側性または両側性の麻痺を引き起こしうる)や小血管病(例,糖尿病)による梗塞などがある。まれに,この麻痺の原因として動脈瘤,腫瘍(例,テント髄膜腫,松果体腫),または多発性硬化症がみられる。

上斜筋が麻痺するので,眼球は正常に内転しない。患者には,1つの像とその上方でわずかに側方にずれた位置にもう1つ,二重に像が見えるため,階段を下りるなど内下方を見る必要のある作業が困難になる。しかしながら,麻痺した筋の反対側に頭部を傾斜させることで補正が可能で,二重像が消える。

症状はあるが,徴候として現れていないわずかな眼球運動障害を検査で検出できることがある。

眼球運動訓練またはプリズム眼鏡は共同視の回復に役立つ可能性がある。最終的に手術が必要になることがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP