Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

歩行,姿勢,および協調運動の評価方法

執筆者:

George Newman

, MD, PhD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

正常な歩行,姿勢,および協調運動には,運動系,前庭系,小脳,および固有感覚(深部感覚)の経路が正常に機能する必要がある( 運動障害疾患および小脳疾患)。これらの経路のどこに病変があっても,特徴的な障害が生じる:

  • 小脳性運動失調のある患者は,安定を得るために左右の脚間距離が広くなる。

  • 下垂足があると,鶏歩になる(地面の凸凹につまずかないよう,足を異常に高く上げて歩く)。

  • 骨盤底筋の筋力低下があると,動揺性歩行になる。

  • 痙性麻痺があれば,はさみ歩行と分回し歩行がみられる。

  • 固有感覚が障害された患者は,つまずきや転倒を回避するために,絶えず自分の足の位置を確認しなければならない。

協調運動は指鼻試験または膝踵試験で検査でき,これらは運動失調の検出に役立つ。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP