Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

睡眠障害および覚醒障害に関する序論

執筆者:

Karl Doghramji

, MD, Jefferson Sleep Disorders Center, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2014年 10月

({blank} 閉塞性睡眠時無呼吸症候群;小児における睡眠の問題については{blank} 乳児および小児における睡眠)。

米国では半数近い人々が睡眠に関連する問題を有している。睡眠の障害は,情動障害,記憶困難,運動技能の低下,作業効率の低下,および交通事故のリスク増加につながる可能性がある。また,心血管疾患および死亡の一因になることさえある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP