Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

睡眠時随伴症

執筆者:

Richard J. Schwab

, MD, University of Pennsylvania, Division of Sleep Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 12月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら

睡眠時随伴症は,入眠時,睡眠中,または睡眠からの覚醒時に起こる望ましくない行動である。診断は臨床的に行う。治療法としては薬物療法や精神療法などがある。

睡眠時遊行症

睡眠中に起こる起座,歩行,またはその他の複雑な行動で,通常は開眼していても自覚している形跡はない。睡眠時遊行症は小児期後期および青年期で最も頻度が高く,ノンレム(非急速眼球運動)睡眠のステージN3からの覚醒の後,またはその最中に起こる。先行する睡眠不足および睡眠衛生不良は,これらのエピソードが起こる可能性を高め,また,患者の第1度近親者ではリスクがより高い。エピソードは,睡眠中に覚醒をもたらす要因(例,カフェイン,その他の刺激薬および刺激物質,睡眠を妨げる行動)またはステージN3の睡眠を高める要因(例,先行する睡眠不足,過度の運動)によって誘発されることがある。

患者は,繰り返しボソボソとつぶやき,障害物または階段などで外傷を負うこともある。患者は覚醒後または翌朝夢を思い出すことができず,通常エピソードを覚えていない。

治療は,これらのエピソードの誘因を除去することに向けて行う。患者を負傷から保護することも治療の一環であり,例えば,患者が寝床から出ると電子アラームが鳴るようにして患者を目覚めさせる,低いベッドを使用する,ドアにアラームを設置する,ベッドサイドから鋭利な物を除去する,障害物を寝室から撤去するなどの対策を講じる。ときに,床の上に直接マットレスを敷いて寝るように指導することもある。

行動面の対策で効果が不十分な場合は,ベンゾジアゼピン系薬剤,特にクロナゼパム0.5~2mg,経口,就寝時が助けになる可能性があるが,これらの薬剤には重大な有害作用がある。

睡眠時驚愕症(夜驚症)

夜間,患者が突然叫んだり手足を振り回したりし,また怖がったり強く興奮しているように見える。エピソードが睡眠時遊行症に発展することもある。患者を覚醒させることは難しい。睡眠時驚愕症は小児でより多くみられ,ステージN3の睡眠からの覚醒後に起こる;したがって,悪夢を反映した現象ではない。成人の睡眠時驚愕症は,精神障害またはアルコール依存症と関連することがある。

小児では,しばしば親が安心させることが治療の柱である。日中の活動が障害されている場合(例,学業成績の悪化)は,中時間または長時間作用型経口ベンゾジアゼピン系薬剤(例,クロナゼパム1~2mg,ジアゼパム2~5mg)の就寝時投与が役立つ可能性があるが,これらの薬剤には重大な有害作用がある。成人は精神療法または薬物治療によって効果が得られる可能性がある

悪夢

小児は成人よりも悪夢を見る可能性が高い。悪夢を見るのはレム睡眠中で,発熱,過度の疲労,または精神的苦痛がある場合,またはアルコール摂取後に現れることがより多い。

治療は基礎にある精神的苦痛に対して行う。

レム(急速眼球運動)睡眠行動障害

レム睡眠中に発話(ときに攻撃的),およびしばしば攻撃的な動作(例,腕を振り回す,パンチ,キック)が生じる。こうした行動は夢が行為として表出したもので,原因は不明であるが,正常ではレム睡眠中にみられる筋肉の無緊張が患者ではみられない。このような行動の後,覚醒した際に患者は鮮明な夢を見ていたことを覚えている。

レム睡眠行動障害は高齢者,特に中枢神経系の変性疾患(例, パーキンソン病 パーキンソン病 パーキンソン病は,安静時振戦,筋強剛(固縮),緩徐で減少した動作(運動緩慢),および歩行または姿勢の不安定性を特徴とする,緩徐に進行する神経変性疾患である。診断は臨床的に行う。治療は脳内のドパミン系の機能を回復することを目的とし,レボドパに加えてカルビドパおよび/または他の薬剤(例,ドパミン作動薬,MAO-B阻害薬,アマンタジン)を投与する。認知症のない患者における生活に支障を来す難治性の症状には,脳深部刺激療法または凝固術ならびにレボ... さらに読む アルツハイマー病 アルツハイマー病 アルツハイマー病は進行性の認知機能低下を引き起こし,大脳皮質および皮質下灰白質におけるβアミロイド沈着および神経原線維変化を特徴とする。 (せん妄および認知症の概要と認知症も参照のこと。) 神経認知障害の1つであるアルツハイマー病は,認知症の最も一般的な原因であり,高齢者の認知症の60~80%を占める。米国では,65歳以上の人々の10%がアルツハイマー病を有すると推定されている。アルツハイマー病の有病率は加齢とともに上昇する:... さらに読む 血管性認知症 血管性認知症 血管性認知症は,びまん性または局所性脳梗塞に起因して急性または慢性の認知機能低下が生じる病態であり,脳血管疾患に関連している場合が最も多い。 (せん妄および認知症の概要と認知症も参照のこと。) 認知症とは,慢性的かつ全般的で,通常は不可逆的な認知機能の低下である。 血管性認知症は,高齢者の認知症で2番目に多い原因である。男性に多くみられ,通常は70歳以上で発症する。血管系の危険因子(例,高血圧,糖尿病,高脂血症,喫煙)を有する人,および... さらに読む 多系統萎縮症 多系統萎縮症(MSA) 多系統萎縮症は,錐体路,小脳,および自律神経の障害を引き起こし,間断なく進行する神経変性疾患である。この疾患概念には,かつては異なるとされていた3つの疾患,すなわち,オリーブ橋小脳萎縮症,線条体黒質変性症,およびシャイ-ドレーガー症候群が含まれる。症状としては,低血圧,尿閉,便秘,運動失調,筋強剛,姿勢不安定などがある。診断は臨床的に行う。治療は循環血液量の増量,圧迫帯,および血管収縮薬による対症療法となる。... さらに読む 進行性核上性麻痺 進行性核上性麻痺(PSP) 進行性核上性麻痺は,眼球の随意運動を進行性に障害し,動作緩慢,進行性体軸性ジストニアを伴う筋強剛,仮性球麻痺,および認知症をもたらす,まれな中枢神経系の変性疾患である。診断は臨床的に行う。治療は症状の緩和に焦点を置く。 (運動障害疾患および小脳疾患の概要も参照のこと。) 進行性核上性麻痺の原因は不明である。 基底核および脳幹のニューロンが変性し,異常なリン酸化を示すタウタンパク質を含んだ神経原線維変化も認められる。基底核および深部白質の... さらに読む )の患者でより多くみられる。同様の行動は, ナルコレプシー ナルコレプシー ナルコレプシーは,慢性的な日中の過度の眠気が特徴で,しばしば突然の筋緊張の消失(情動脱力発作)を伴う。その他の症状として,睡眠麻痺や入眠時および出眠時幻覚などがある。診断は睡眠ポリグラフ検査および睡眠潜時反復検査による。治療は,日中の過度の眠気に対してはモダフィニル,様々な刺激薬,およびγ-ヒドロキシ酪酸ナトリウム(<span class="disableDrug"... さらに読む の患者,またはノルアドレナリン再取り込み阻害薬(例,アトモキセチン,レボキセチン[reboxetine],ベンラファキシン)を服用している患者にも起こりうる。レム睡眠行動障害の患者では,パーキンソン病,多系統萎縮症, レビー小体認知症 レビー小体型認知症およびパーキンソン病認知症 レビー小体型認知症は,皮質ニューロン細胞質内のレビー小体と呼ばれる細胞封入体を特徴とする,慢性の認知機能低下である。パーキンソン病認知症(Parkinson disease dementia)は,黒質のレビー小体を特徴として認知機能が低下する病態であり,パーキンソン病の後期に発生する。 (せん妄および認知症の概要と認知症も参照のこと。) 認知症とは,慢性的かつ全般的で,通常は不可逆的な認知機能の低下である。... さらに読む などの神経変性疾患と同様,ニューロンにシヌクレインが蓄積する。患者の中には,レム睡眠行動障害の診断を受けてから数年後にパーキンソン病を発症する者もいる。

レム睡眠行動障害は,患者またはベッドパートナーによって報告された症状に基づいて疑われることがある。通常は睡眠ポリグラフ検査で診断を確定できる。睡眠ポリグラフ検査によりレム睡眠中の過剰な運動を同定できる;ビデオモニタリングにより異常な動作および寝言を記録できる。神経変性疾患を除外するため,神経学的診察を行う。異常が検出された場合は,CTまたはMRIを施行してもよい。

治療はクロナゼパム0.5~2mg,経口,就寝時の投与による。患者のほとんどは再発予防のため薬剤を生涯服用し続ける必要がある;耐性または乱用の可能性は低い。あるいは,メラトニン3~12mgを投与してもよい(ただし至適用量は不明)。

ベッドパートナーには,危害が及ぶ可能性があることを警告すべきであり,症状がなくなるまで別のベッドで寝る方が望ましいこともある。鋭利な物はベッドサイドから除去すべきである。

睡眠関連下肢こむら返り

一般的に,他の点では健康な中高年の患者において,睡眠中に腓腹部または足の筋がしばしば痙攣する。

睡眠関連下肢こむら返りの診断は,病歴と身体徴候および日常生活への支障が認められないことに基づく。

予防策には,こむら返りを起こす筋を就寝前に数分間ストレッチすることなどがある。こむら返りの発生直後にストレッチを行えば,速やかな症状の軽減が得られ,この方法は薬物治療よりも望ましい。

多くの薬剤(例,キニーネ,カルシウムおよびマグネシウムサプリメント,ジフェンヒドラミン,ベンゾジアゼピン系薬剤,メキシレチン)が使用されてきたが,いずれも効果的となる可能性は低く,重大な有害作用が生じることがある(特にキニーネとメキシレチン)。カフェインおよびその他の交感神経刺激物質の摂取を避けることも有用となりうる。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP