Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

末梢神経障害

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

末梢神経障害は,単一または複数の末梢神経(神経系のうち神経根および神経叢より遠位にある部分)の機能障害である。数多くの症候群が含まれ,様々な程度の感覚障害,疼痛,筋力低下および筋萎縮,深部腱反射減弱,ならびに血管運動神経症状が単独で,または複数組み合わさって現れるのが特徴である。最初の分類は病歴および身体診察に基づいて行う。筋電図検査および神経伝導検査(電気診断検査)は,病変の局在診断,および病態が主に軸索性(しばしば代謝性)か脱髄性(しばしば自己免疫性)かの判定に役立つ。治療は主に原因に対して行う。

末梢神経系疾患の概要も参照のこと。)

末梢神経障害には以下のものがある:

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP