Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

環軸関節亜脱臼

執筆者:

Alfred J. Cianflocco

, MD, FAAFP, Cleveland Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 2月
本ページのリソース

(C1-C2亜脱臼)

環軸関節亜脱臼は第1頸椎と第2頸椎のアライメント異常であり,頸部を屈曲するだけで起こることがある。

頸部痛および背部痛の評価も参照のこと。)

環軸関節亜脱臼は,重度外傷に起因して,または関節リウマチ若年性特発性関節炎,もしくは強直性脊椎炎の患者において外傷なしに起こることがある。

環軸関節亜脱臼は通常無症状であるが,漠然とした頸部痛,後頭部痛,またはときに間欠的な(かつ致死的となりうる)頸髄圧迫を引き起こすことがある。

診断

  • 単純X線

  • 脊髄圧迫を疑う場合MRI

環軸関節亜脱臼は通常は頸部の単純X線検査で診断されるが,間欠性の亜脱臼を示すために屈曲位の画像が必要になることがある。患者が耐えられる限り頸部を屈曲した時の画像は,頸椎全体の動的不安定性を示す。X線像が正常で亜脱臼が依然として疑われる場合は,より感度が高いMRIを行うべきである。MRIではさらに脊髄圧迫について最も感度の高い評価が得られ,脊髄圧迫が疑われる場合は直ちに行う。

治療

  • 対症療法

  • 頸部の固定

  • 手術

治療の適応としては,痛み,神経脱落症状,および潜在的な脊椎不安定性などがある。治療には,対症療法および頸部の固定などがあり,通常は硬性の頸椎カラーから始める。脊椎を安定させるために手術が必要になることがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP