Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

Freiberg病

(Freiberg's Disease;Freiberg Infraction)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM,

  • Associate Professor, Department of Biomechanics
  • Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

Freiberg病は,中足骨頭に阻血性骨壊死が起きる疾患である。痛みは荷重負荷で最も顕著となる。診断はX線により確定する。治療法としては,コルチコステロイド注射,固定,矯正器具などがある。

足の骨

足の骨

Freiberg病は中足骨痛の一般的な原因の1つである。Freiberg病は骨幹端および成長板の微小外傷によって生じる。阻血性骨壊死により中足骨頭が扁平化する。第2中足骨頭が侵されることが最も多い。Freiberg病は,思春期の女性,および第1中足骨が短いまたは第2中足骨が長い(第2中足骨頭および第2中足趾節関節へのストレスが大きくなる)個人で起こる頻度が高いと考えられている。中足趾節関節が圧潰する傾向があり,繰り返しこの関節にストレスを与える活動(ダンス,ジョギング,またはランニングなど)は圧潰のプロセスを加速させる可能性がある。

症状と徴候

痛みは,前足部の中足骨頭で荷重負荷(特に蹴り出すときまたは踵の高い履物を履いているとき)により最も顕著となる。さらに中足趾節関節が腫脹し,他動可動域が制限され他動可動域で痛みを伴う可能性がある。

診断

  • X線

Freiberg病の診断はX線により確定する。典型的には,第2中足骨頭が拡がって扁平化しており,中足趾節関節は硬化して不整である。

治療

  • 急性の場合,固定および荷重軽減,その後,履物の修正

コルチコステロイド注射および固定が,急激な痛みを伴う急性増悪(flare-up)を緩和するために役立つことがある。Freiberg病の長期管理には,第2中足骨頭および第2中足趾節関節にかかるストレスの軽減を助けるため,メタタルザルバーを備えた矯正器具および踵の低い履物(場合によってロッカーソールによる修正を加える)が必要になることがある。まれに,難治性の痛みを緩和するために中足骨頭の外科的切除が必要になることがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP