Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

踵骨下滑液包炎

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

滑液包炎が踵骨下方の足底筋膜の付着部付近に発生することがある。

踵骨下滑液包炎の症状と徴候には,拍動性の踵部痛(特に靴を脱いでいるとき),軽度の熱感,および腫脹などがある。痛みは,ウォーキング中またはランニング中に踵が先に地面につく場合に最も顕著である。

治療

  • コルチコステロイド/麻酔薬溶液の注射および履物の修正

踵骨下滑液包炎の治療は,局所麻酔薬/コルチコステロイド混合剤の注射,および踵を保護する緩衝材を加えた底の柔らかい靴による。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP