Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

足根管症候群

(後脛骨神経痛)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM,

  • Associate Professor, Department of Biomechanics
  • Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

足根管症候群は後脛骨神経の走行に沿った痛みであり,通常は足根管内の神経圧迫に起因する。

足関節のレベルで,後脛骨神経は線維性骨性の管を通り,内側および外側の足底神経に分かれる。足根管症候群とはこの管の内での神経圧迫を指すが,この用語はあらゆる原因で起こる後脛骨神経の痛みに大雑把に適用されている。異常な足の機能,炎症性関節炎(例,RA),線維症,ガングリオン,骨折,および足関節の静脈うっ滞性の浮腫によって引き起こされる,足関節の屈筋腱の滑膜炎が寄与因子である。甲状腺機能低下症患者では,神経周囲のムチン沈着の結果として足根管症候群様の症状が生じることがある。

症状と徴候

痛み(ときに灼熱痛,およびチクチク感がある)が通常は果後部,ときに踵内側足底にあり,足底面に沿ってつま先にまで拡がることがある。痛みは立位時および歩行時に増悪するが,疾患の進行につれて安静時に痛みが生じることがあり,それが足底筋膜症との鑑別に役立つ。

診断

  • 診察および電気診断検査

圧迫または損傷のある部位で内果下部の後脛骨神経を軽く叩くかまたは触診すると,末端のチクチク感(ティネル徴候)が引き起こされることが多い。電気診断検査での偽陰性の結果はやや一般的であるものの,陽性歴とともに診断を支持する身体所見および電気診断検査で陽性の結果があれば,足根管症候群の診断の可能性が非常に高くなる。6カ月を超えて続く足底の踵およびアーチの痛みもまた,絞扼を伴う遠位脛骨足底神経の圧迫を強く示唆する。神経の近くにある腫脹の原因を特定すべきである。

治療

  • 装具もしくは矯正器具による足の内反,コルチコステロイド注射,手術,またはこれらの組合せ

中間位またはわずかに内転位で足をテーピングし踵を上げるか,または足を内転位に保つ装具もしくは矯正器具を装着すると,神経の緊張が軽減される。NSAIDを最初に使用し,一部の症状が軽減されることがある。原因が炎症または線維化である場合は,不溶性コルチコステロイド/麻酔薬の混合剤の局所浸潤が効果的となりうる。難治性の症状を伴う線維-骨性圧迫が疑われる場合,それを解放するために外科的減圧が必要になることがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP