Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

種子骨炎(sesamoiditis)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

種子骨炎は,第1中足骨頭の下の種子骨における痛みであり,炎症または骨折を伴うことも伴わないこともある。診断は通常,臨床的に行う。治療は通常,履物の修正および矯正器具による。

足の骨

足の骨

種子骨炎は中足骨痛の一般的な原因である。半月状の2つの種子骨は,歩行運動で足を補助する。内側の骨は脛側種子骨,外側の骨は腓側種子骨である。足の構造の変化(例,母趾の外側偏位に起因する種子骨の側方変位)による種子骨の直接的外傷または位置的変化が,種子骨に痛みを生じさせることがある。種子骨炎はダンサー,ジョギングをする個人,および足のアーチが高いまたはハイヒールを履く個人に特によくみられる。バニオンがある人の多くに脛側の種子骨炎がみられる。

症状と徴候

種子骨炎の痛みは第1中足骨頭の下にある;通常,歩行により増悪し,柔軟で底の薄い靴または踵の高い靴を履いている際に増悪する可能性がある。ときに炎症が起こり,軽度の熱感および腫脹,またはときに発赤(内側に拡がり第1中足趾節関節を侵すように見えることがある)を引き起こす。種子骨骨折はさらに,痛み,中等度の腫脹,および場合によっては炎症を引き起こすことがある。

診断

  • 臨床的評価

  • 全周性の関節腫脹がある場合,関節穿刺

  • 骨折,変形性関節症,または転位を疑う場合,画像検査

足および第1趾(母趾)を背屈させた状態で,検者は中足骨頭を視診し,各種子骨を触診する。圧痛は1つの種子骨(通常は脛側種子骨)に限局する。角質増殖性の組織は,疣贅または鶏眼が痛みを引き起こしていることを示唆する。炎症により第1中足趾節関節周辺に全周性の腫脹が生じる場合,痛風および感染性関節炎を除外するために通常は関節穿刺が適応となる。骨折,変形性関節症,または転位を疑う場合,X線撮影を行う。軟骨または線維組織によって分離された種子骨(二分種子骨)は,X線上では骨折しているように見えることがある。単純X線では曖昧である場合,MRIを行うことがある。

治療

  • 新しい靴,矯正器具,または両方

痛みを生じる靴を単に履かないことで十分であることがある。種子骨炎の症状が持続する場合,厚底の靴および矯正器具を処方して,種子骨への圧迫を減らすことに役立てる。転位のない骨折がある場合,保存療法で十分なことがあり,さらに平らな硬性の固定用の靴(surgical shoe)による関節の固定が含まれることもある。NSAIDおよびコルチコステロイド/局所麻酔薬溶液の注射が有用なことがある。治療抵抗性の症例では種子骨の外科的除去が有用となることがあるが,足の生体力学および運動性を侵害する可能性があるため,これについては議論がある。炎症がみられる場合,治療には保存的な処置に加えて症状の軽減に有用なコルチコステロイド/麻酔薬溶液の局所注射などがある。

要点

  • ダンサー,ジョギングをする個人,および足のアーチが高い,ハイヒールを履く,またはバニオンがある個人は,第1中足骨頭の下にある種子骨に痛みを生じることがある。

  • 荷重負荷時に痛みが増悪する(特に特定の靴を履いている際)。

  • 臨床所見に基づいて診断する;腫脹がみられる場合は滑液の分析により感染を除外し,X線で骨折の疑いを除外する。

  • 新しい厚底靴,種子骨にかかる圧力を減らす矯正器具,またはその両方を処方する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP