Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

後脛骨筋腱炎および後脛骨筋腱腱鞘滑膜炎

(後脛骨筋腱機能不全症)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

後脛骨筋腱の変性である後脛骨筋腱炎,および後脛骨筋腱腱鞘滑膜炎は内果後方の痛みの最も一般的な原因である。

後脛骨筋腱は内果のすぐ後方に位置する。変性は,過度の回内(肥満者で多い)または慢性の腱鞘滑膜炎など,長期にわたる生体力学的な問題に起因する。

腱鞘の腱鞘滑膜炎は急性炎症から始まる。腱はRAまたは痛風などの原発性の炎症性疾患に侵されることがある。

症状と徴候

早期には,患者は内果の後方に時折痛みを覚える。時間の経過とともに,痛みは重度になり,内果後方の有痛性腫脹を伴う。正常な立位,歩行,およびつま先立ちが困難になる。腱が断裂すると(例,慢性腱炎で),足が急速に扁平化し(アーチ崩壊)痛みが足底に拡がることがある。

腱鞘滑膜炎では,痛みは一般的により急性であり,腱が内果の周囲を走行する位置で肥厚および腫大しているように感じられることがある。

診断

  • MRI

臨床所見から本症が示唆される。足を内反させた底屈位にして抵抗を加えた状態で行う後脛骨筋腱の触診は,通常痛みを伴う。つま先立ちは通常痛みを伴い,腱が断裂または重度の機能障害を起こしている場合はつま先立ちができないことがある。内果後方の後脛骨筋腱の痛みおよび圧痛がある腫脹は腱鞘滑膜炎を示唆する。足関節内側の膨隆および前足部の外転(too many toes sign)を伴う片側のアーチ崩壊は,進行した腱の病態を特に示唆し,腱断裂の検査が必要である。MRIもしくは超音波検査で,腱の周囲の体液貯留(腱鞘滑膜炎を示唆する)または関連する腱症による腱に対する慢性の劣化もしくは断裂の程度を確認できる。

治療

  • 矯正器具および装具または手術

正常な機能が目標である場合,完全断裂には手術が必要である。急性断裂の若く活動的な患者では手術が特に重要である。保存療法は,個人に合わせて成型した足関節装具,または深くしたヒールカップおよび適切な内側のウェッジもしくはポスティングで調整した矯正器具を用いることによって,腱にかかる負荷を機械的に軽くすることから成る。コルチコステロイド注射は,変性過程を増悪させる( コルチコステロイド注射の使用についての考慮)。

腱鞘滑膜炎には,安静および積極的な抗炎症療法を必要とする。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP