Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

内側および外側足底神経の絞扼

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

内側および外側足底神経の絞扼は,踵内側および近位アーチにおける,後脛骨神経の内側枝および/または外側枝の症状を伴う圧迫である。診断は臨床的に行う。治療では矯正器具の使用および固定を行う。

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

内側および外側足底神経の絞扼の症状としては,荷重負荷にかかわらないほぼ持続的な疼痛があり,これは内側および外側足底神経の絞扼を足底筋膜症と鑑別するために役立つ。痛みはしばしば,慢性かつ難治性で,ランニングなどの衝撃の大きい活動で悪化する。しかし,単純に立っていることがしばしば困難である。灼熱感,しびれ,錯感覚は通常みられない。

診断

  • 臨床的評価

内側および外側足底神経の絞扼は,足根管症候群だけでなく足底筋膜症および踵骨棘の痛みと混同されることがある。足底神経の絞扼では,以下の状況がみられることが多い:

  • 足根管症候群の他の徴候(例,ティネル徴候)がないことが多い。

  • 母趾外転筋の近位面,足底筋膜の起始部,または両方を踵骨の内側結節で触診することによって症状が再現できる。

  • 内側の神経絞扼では,舟状骨の下に近位の内側アーチの圧痛がある(ときに足趾内側に放散する痛みを伴う)。

  • 外側足底神経の絞扼では,踵内側足底および母趾外転筋上に圧痛がある。

治療

  • 矯正器具,固定,および理学療法

刺激を生じる動きおよび圧迫を予防するための固定および足の矯正器具が有用なことがあり,同じく理学療法および凍結療法も有用なことがある。これらの治療が無効な場合,アルコールを含む硬化剤の注射または神経の慎重な外科的減圧が痛みの緩和に役立つことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP