Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

中足趾節関節痛

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM,

  • Associate Professor, Department of Biomechanics
  • Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

中足趾節関節痛は通常,足の生体力学的異常による組織変化に起因する。症状と徴候には,歩行時に伴う痛みおよび圧痛などがある。診断は臨床的に行うが,感染症または全身性リウマチ性疾患(例,RA)は検査によって除外する必要があることがある。治療法としては,矯正器具のほか,ときに局所注射,場合によっては手術などがある。

足の骨

足の骨

中足趾節関節痛は,中足骨痛の一般的な原因である。中足趾節関節痛は,最も一般的には足の生体力学的変化による関節面のアライメント異常が原因であり,関節亜脱臼,底側板(flexor plate)断裂,関節包のインピンジメント,および関節軟骨破壊(変形性関節症)を引き起こす。アライメント異常の関節は,滑膜のインピンジメントを引き起こすことがあり,熱感および腫脹は伴うことがあってもごくわずかである(変形性関節症の滑膜炎)。

第2中足趾節関節が最もよく侵される。通常,第1足趾列(第1楔状骨および第1中足骨)の不十分な機能は,過度の回内(足が内側に回転し後足部が外側に向くかまたは外反する)に起因し,関節包炎および槌趾変形につながることが多い。凹足(ハイアーチ)および足関節の尖足(足関節の背屈を制限するアキレス腱短縮)の変形を有する患者では,脛前方の筋肉が過剰に活動するため,足趾が(鉤爪状に)後方に引かれ中足骨頭下の後方への圧力および痛みが増加するとともに背側の関節の亜脱臼が引き起こされる傾向がある。

中足趾節関節の亜脱臼は,さらに慢性炎症性の関節疾患(特にRA)の結果としても生じる。荷重負荷による中足趾節関節痛および朝のこわばり感は,早期RAの重要な初期徴候の可能性がある。RAにおける炎症性滑膜炎および骨間筋萎縮は,第2~5中足趾節関節の亜脱臼にもつながり,結果として槌趾変形が生じる。結果的に,通常は歩行する際に中足骨と趾間神経の間のストレスを和らげる中足骨の脂肪体が,足趾の下で遠位に移動する;その結果趾間神経痛またはMorton神経腫が起こることがある。緩衝作用の消失を補うために,二次的に胼胝および滑液包が発生することがある。底屈状態の中足骨頭の下またはその近くに併存するリウマチ結節により痛みが増すことがある。

中足趾節関節痛はまた,第1中足趾節関節の他動および自動関節運動を制限する機能的制限母趾(functional hallux limitus)に起因することがある。患者は通常,足の回内障害を有し,これにより荷重負荷時に第1足趾列がもち上がり内側縦アーチが低下する。第1足趾列がもち上がる結果として,母趾の基節骨が第1中足骨頭から自由に伸長できなくなる;その結果,関節背部で動かなくなり,変形性関節症性変化および関節可動域の喪失に至る。時間の経過とともに痛みが発生することがある。可動域の制限による第1中足趾節関節痛のさらなる原因は,短母指屈筋の狭窄(通常は足根管内に生じる)を伴う直接的外傷である。痛みが慢性である場合,消耗性のことがある関節症(強剛母趾)で関節の可動性が低下することがある。

急性関節炎が,痛風RA,および脊椎関節症などの全身性関節炎に続発して起こることがある。

症状と徴候

中足趾節関節痛の症状としては,歩行時の疼痛などがある。関節の足背および足底の圧痛が,通常は触診時および他動関節可動域においてみられる。軽微な熱感を伴う軽度の腫脹が,変形性関節症の滑膜炎で生じる。著明な熱感,腫脹,または発赤は,炎症性の関節疾患または感染症を示唆する。

診断

  • 主に臨床的評価

  • 炎症の徴候がある場合,感染症または関節疾患の除外

中足趾節関節痛は,通常は灼熱感,しびれ,チクチク感,および趾間痛がないことで趾間神経の神経痛または神経腫と鑑別できるが,これらの症状は関節の炎症に起因することがある;その場合,触診が鑑別に役立つことがある。

単関節の熱感,発赤,および腫脹は,他の原因ではないと証明されない限り感染症を示唆するが,痛風である可能性の方が高い。熱感,発赤,および腫脹が複数の関節にみられる場合,リウマチ性疾患の評価法(例,抗環状シトルリン化ペプチド抗体[抗CCP],リウマトイド因子[RF],赤沈)による関節の炎症の全身的原因についての評価(例,痛風,RA,ウイルス関連関節炎,腸炎性関節炎)が適応となる。

治療

  • 矯正器具

中足骨パッド付きの足の矯正器具が,炎症を起こしていない関節からの圧力を分散して軽減するのに役立つことがある。距骨下の外転が過剰な場合,または足が高度にアーチ状の場合は,それらの異常なアライメントを矯正する矯正器具を処方すべきである。ロッカーソールに修正した靴も役立つことがある。機能的制限母趾(functional hallux limitus)に対しては,装具による修正が第1足趾列の底屈をさらに助け中足趾節関節の動きを改善し痛みを軽減することがある。第1足趾列のもち上がりがこれらの手段で軽減できない場合,第1足趾列の持ち上がりを抑えるためのパッドが役立つことがある。より重度の第1中足趾節関節の動きの制限または痛みに対しては,関節の動きを減らすために,硬性の矯正器具,炭素繊維の板,または靴の外側に装着するバーもしくはロッカーソールの使用が必要になることがある。

保存療法が無効である場合は手術が必要なこともある。炎症(滑膜炎)がある場合,コルチコステロイド/麻酔薬の混合剤の局所注射が有用なことがある。

要点

  • 中足趾節関節痛は関節面のアライメント異常に起因することが最も多く,軽微な熱感および腫脹のみを伴って滑膜のインピンジメントを引き起こすが,RAの最初の症状であることがある。

  • 関節の足背および足底の圧痛がみられ,通常は急性炎症の軽微な徴候を伴う。

  • 灼熱感,しびれ,チクチク感,および趾間痛(趾間神経痛を示唆)がみられないこと,ならびに触診によって中足趾節関節痛と診断する。

  • 矯正器具で足の生体力学を矯正する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP