Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

アキレス腱前方の滑液包炎

(Albert Disease;果後部の滑液包炎)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 9月
本ページのリソース

足および足関節の疾患の概要も参照のこと。)

アキレス腱前方の滑液包炎は,アキレス腱の踵骨への付着部の前方(深側)に位置する果後部(踵骨後方)の滑液包の炎症である。診断は主に臨床的に行う。治療には局所注射を含むことがある。

踵の滑液包炎

通常,踵にはアキレス腱と踵骨の間に滑液包が1つだけ存在する。この滑液包に炎症,腫大,および痛みが生じることがあり,結果としてアキレス腱前方の滑液包炎が起こる。

踵の滑液包炎

滑液包炎は外傷(例,硬いもしくは足に合っていない靴による)または炎症性関節炎(例,RA痛風)に起因する。ときに,重度の炎症の結果として踵骨の小さなびらんが生じることがある。

症状と徴候

外傷または痛風によって引き起こされる症状と徴候は急速に発生し,他の全身性疾患によって引き起こされる症状と徴候は徐々に発生する。踵周辺の痛み,腫脹,および熱感が一般的であり,歩行および靴の着用が困難となることもよくある。滑液包に圧痛がある。最初は,腫脹はアキレス腱の前方に限局するが,やがて内側および外側に拡がる。

診断

  • 臨床的評価およびX線

後外側距骨結節の骨折は,通常アキレス腱付着部前方に圧痛を引き起こす。滑液包炎は,腱の隣接部に限局する熱感および腫脹ならびに主に軟部組織に限局する痛みによって,骨折と鑑別されることが多い。また,母指と示指を用いて,アキレス腱の前方を両側から圧迫すると痛みが引き起こされる。X線撮影を行って骨折を除外し,慢性のRAまたはその他のリウマチ性疾患に特徴的な踵骨のびらん性変化を明らかにする。

治療

  • 可溶性コルチコステロイド/麻酔薬溶液の滑液包内注射

コルチコステロイド/麻酔薬注射,NSAID,および温罨法または冷罨法が効果的となりうる。腱への注射は腱の脆弱化または裂傷につながり,その後の断裂の素因となる可能性があるので,滑液包のみに注射し腱そのものには注射しないよう注意する必要がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP