Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

結晶誘発性関節炎の概要

執筆者:

Lawrence M. Ryan

, MD, Medical College of Wisconsin

最終査読/改訂年月 2015年 8月

関節炎は,関節内に以下の結晶が沈着することで発生することがある:

  • 尿酸一ナトリウム

  • ピロリン酸カルシウム二水和物

  • 塩基性リン酸カルシウム(アパタイト)

  • まれに他の結晶(シュウ酸カルシウムなど)

診断には滑液の分析を必要とする。ほとんどの結晶を特異的に同定するために偏光顕微鏡検査を行う;塩基性リン酸カルシウムの結晶は極微サイズであり,他の方法を必要とする。結晶は白血球に貪食されているか,または細胞外にあることがある。結晶の存在により,感染性または他の炎症性の型の関節炎が併存する可能性が除外されることはない。超音波検査によって尿酸一ナトリウム結晶およびピロリン酸カルシウム二水和物結晶の非侵襲的な同定が可能であるが,現在この手法を行えるほどの専門的技術を有する超音波検査技師はほとんどいない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP