Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

塩基性リン酸カルシウム結晶沈着症およびシュウ酸カルシウム結晶沈着症

執筆者:

Lawrence M. Ryan

, MD, Medical College of Wisconsin

最終査読/改訂年月 2015年 8月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

塩基性リン酸カルシウム(アパタイト)結晶およびシュウ酸カルシウム結晶の疾患は,他の結晶誘発性関節炎と同様の臨床症状を引き起こす傾向がある。

塩基性リン酸カルシウム結晶沈着症

体全体に及ぶ病的な石灰化の大部分には,炭酸塩置換ヒドロキシアパタイトとリン酸オクタカルシウムの混合物が含まれる。これらの極小の結晶は非酸性のリン酸カルシウムであるため,塩基性リン酸カルシウム(BCP)という用語がアパタイトよりもはるかに的確である。これらの極小の結晶が,リウマチ性の疾患において雪玉様の塊となって生じる(例,石灰沈着性腱炎,石灰沈着性関節周囲炎,全身性強皮症および皮膚筋炎の一部の症例)。またこの結晶は,X線上で関節裂隙の狭小化がみられるまで十分に進行した退行性の関節症を有する患者の滑液および軟骨にも生じる。

BCP結晶は関節を破壊することがあり,重度の関節内または関節周囲の炎症を起こすことがある。

通常肩関節および(しばしば)膝関節に発生し,主に高齢の女性で生じる極めて破壊性の関節症であるmilwaukee shoulder syndromeは,その1例である。

関節周囲へのBCPの沈着に起因する急性の足部痛風(podagra)は,痛風に類似することがある;若年女性(若年男性には少ない)に個別の症候群として発生し,急性の痛風と同様に治療される。

滑液の分析に加えて,症状を呈する関節のX線撮影を行うべきである。X線では,BCP結晶は関節周囲の雲状陰影として見えることがある;結晶はしばしば数カ月かけて自然に消失し,ときに数日以内に消失する。滑液中のBCP結晶の決定的な検査法は容易には行うことができない。塊状の結晶は透過型電子顕微鏡観察でしか同定できない。結晶の塊は偏光下で複屈折性を示さない。

経口コルヒチン,NSAID,または,大関節が侵されている場合にはコルチコステロイドエステル結晶懸濁液の関節内注入による治療が有用である。治療は急性の痛風に対するものと同様である。

シュウ酸カルシウム結晶沈着症

シュウ酸カルシウム結晶の沈着はまれである。血液透析または腹膜透析を受けている高窒素血症の患者で生じることが最も多く,特に代謝されてシュウ酸塩になるアスコルビン酸(ビタミンC)による治療を受ける患者で多い。

結晶は,関節だけでなく血管壁および皮膚に沈着することがある。結晶は複屈折性の両錐形構造として現れる。滑液の白血球数は2000/μLを超えることがある。X線上では,シュウ酸カルシウム結晶はBCPの関節周囲の石灰化または軟骨におけるピロリン酸カルシウム二水和物(CPPD)結晶の沈着と見分けがつかない。

治療は,CPPD結晶の場合と同じである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP