Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

de Quervain症候群

(ドケルバン症候群;Washerwoman’s Sprain)

執筆者:

David R. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

手の疾患の概要および評価も参照のこと。)

de Quervain症候群は,第1伸筋腱区画内における短母指伸筋腱および長母指外転筋腱の狭窄性の腱鞘滑膜炎である。

de Quervain症候群は通常手関節を繰り返し使用(特に絞る動作)した後に起こるが,ときに関節リウマチに関連して起こる。新生児の親によくみられ,その理由は手関節を橈側に屈曲させた状態で繰り返し抱き上げるためである。

de Quervain症候群の主な症状は,動かすと増悪する手関節および母指のうずく痛みである。橈骨茎状突起のすぐ近位側で,罹患した腱鞘部位上に圧痛が誘発されることがある。

de Quervain症候群の診断はフィンケルシュタインテストにより強く示唆される。患者に罹患した母指を手掌へと内転させ,他の指で母指を包ませる。手関節を他動的に尺側へと愛護的に屈曲させることにより罹患した腱鞘部位に強い痛みが引き起こされれば,このテストは陽性である。

治療

  • コルチコステロイド注射

  • 母指スパイカによる副子固定

  • ときに外科手術

安静,温浴,およびNSAIDがごく軽度の症例で有用なことがある。

コルチコステロイドの局所注射および母指スパイカによる副子固定が症例の70~80%で有用である。腱断裂が注射のまれな合併症であり,浸潤を腱鞘に限定し,腱へのコルチコステロイド注射を避けることによって防止できる。注射の際に中程度または強い抵抗があれば,注射針が腱内にある可能性が高い。

保存的治療が無効な場合,第1伸筋腱区画の外科的解放が非常に効果的である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP